Menu
2015年5月以前の記事はこちら
2015年4月以前の記事はこちら

一般社団法人コラボの分析(21)軽度知的障害者らの支援と、政治動員という倫理的ジレンマ

2022年9月23日18時53分
カテゴリ:国内

一般社団法人コラボの分析(21)軽度知的障害者らの支援と、政治動員という倫理的ジレンマ

一般社団法人Colabo(以下、コラボ)の活動は2020年以降、特に国会でも頻繁に取り上げられている。以下は、「colabo」で国会の議事録検索をした際の年度別ヒット数とその発言者、内容を簡単にまとめたものである。





全体的な傾向としては①2020年以降にコラボについての言及が極めて多くなる。また②選挙の近い議員がよくコラボの名前を口に出している感じはある。意地悪な見方をすると国会質問で支援団体に目配せすることで、選挙での支援へ秋波を送っている面もあるかもしれない(地方議会の場合、この傾向がより露骨になる)。


ただ以上の発言傾向は、あくまで一応のものと捉えていただきたい。というのは国会の開かれていたタイミングに偏りがある(一時期批判されていたように与党がなかなか臨時国会を開かないなどしていた)し、また会派や党内、委員会の中でも選挙の近い議員になるべく発言機会を与えるような現職同士の互助メカニズムが働く余地があるからである。


この支持団体への現職議員の言及傾向は、いかにも近年の政治学が分析対象にしていそうなイシューだが、ここでは本題でないので深入りしない。


今回、焦点を当てたいのは以下の藤野議員の国会発言にも見られた知的障害者、精神障害者の支援に伴う問題だ。



(仁藤夢乃氏からの伝聞として、ある時期にはバスカフェ利用者の大半が知的障害または精神障害を持っていたという、共産党藤野代議士(当時)の国会発言)


知的障害者が支援対象になることが多いという点は、papsという団体のメールマガジンバックナンバーでも確認できる。これによれば、仁藤夢乃氏は「街中で見られる、性産業に巻き込まれている軽度知的障害の女性の実態」という講演を2016年に行なっている。



(papsより)


ここでもう一つ、仁藤夢乃氏の寄稿記事を見てみよう。イミダス連載の「辺野古ゲート前でゴボウ抜きされる」と題された回によればコラボが支援した対象は沖縄での米軍基地工事に反対する活動へ参加したという。


未成年に政治教育を行うのは「洗脳」スレスレな気もするが、100歩譲って、まあキリスト教や仏教など宗教系の学校や、保守寄りないし革新よりの学校もあることだし、よしとしよう。また、精神障害者、知的障害者についても政治活動の自由や選挙権、被選挙権は保障されるべきだ(少なくとも、そうでないというのは相当に勇気がいる立場だろう(注1*))。


しかし、「知的障害者や精神障害者が人口全体のサンプルより高確率で含まれている10代をはじめとする被支援者を、搾取から守るという建前で引き寄せ、政治教育を施して自身たちと同じ主義主張を持たせ、派手に大立ち回りをさせる」だとどうだろうか?


すなわち、仁藤氏は2014年出版の「女子高生の裏社会」以来、福祉は裏社会のスカウトに負けていて、スカウトたちが若年者の女子を食い物にしているーーなので表社会の側にいる我々が、裏社会に負けずに居場所を失った若年女子をリクルートしなければいけないという。このように、道に迷っている青少年女子へアプローチする対象を①裏社会か②コラボに代表される表社会か、に分ける極端な2分論を彼女は用いる。



(女子高生の裏社会より)


そして、仁藤氏の議論は強すぎる前提を置いているように見える。それは「裏社会じゃなくて(仁藤氏を含む)福祉活動家であれば、搾取もしないし、また正しい生き方を知っている(場合によっては支持するべき政党も知っている)というものだ。


例えば沖縄の基地問題はデリケートで難しい。よりによって、その賛否の大きく分かれる問題で、しかも是非を自信をもって判断するには(あるいは判断を保留するという結論を下すにも)、知識も思考力も必要になる話に関して、自分の庇護下に置いた、未成年で知的に問題があったりあるいは精神障害のある者を動員するとしたら、性搾取よりひどく他人を道具として扱っていないだろうか。



(辺野古基地移設反対運動に、コラボで支援する対象者を連れて行った旨の仁藤夢乃氏の2019年8月29日付Facebook投稿より。沖縄を訪問した女子らの軽度知的障害や精神障害の有無は不明。)


なお仁藤夢乃氏の2015年3月27日付IZA!あて寄稿によれば、仁藤氏は同年1月に「在日アメリカ大使館で米国務省の調査に応じました」とある。つまり米国大使館につてはあるのだから、基地まで行くよりもコラボのある東京で、また少女を連れていくのではなく自分の口でそのままアメリカ大使館員に対して基地のことを抗議してくれればいいじゃないか、という気もしてくる。


ただ、「精神障害者や知的障害者という属性が加わった場合には、その人への政治的な関わり方を変更すべきか」というのはギリギリのそれこそ答えの出ない議論である。しかも支援・被支援という関係には優位性と劣位性という非対称な、一方がある種の権力を握ってもう一方を庇護してあげるという構造が伴う。


このような場合に政治的な働きかけ、特に基地問題など意見の分かれる内容について支援者らが自らの思想信条に応じた教育を施すことには、極めて難しい倫理的な問題が生じる。そもそも①年齢②知能の高さ③精神障害の有無、などの事情に応じて、政治的な働きかけ方を変更するべきかはたまたそうでないのか自体が、倫理上答えの出しにくい大問題である。場合によっては、区別をすること自体が差別という見方も十分に成り立つ。


しかし一つ言えるのは、コラボの活動、少なくともそれを伝える関係者の文章にはその「迷い」が見られないということだ。また「知的障害があるから守ってあげるべき」、「未成年であるから守ってあげるべき」という種類のコラボが好きな議論は、知的障害があろうがなかろうが、また年齢が若くても、政治動員を行うというような立場とは極めて相性が悪い。


コラボの政治動員に対して、少なからぬ人が問題視しているのは(その支持対象が特定政党であったりするという理由だけでなく)、この判断力の弱い対象を動員しているのではないか、という手続面での不正義の可能性が感じ取られているからではないだろうか。


なお論理的には、①コラボの保護する対象は知的障害、精神障害を抱える少女も多いものの②政治的に教化したり、政治動員する対象は障害のない被支援者に限定しているという可能性もあるが、今まで筆者が知る限り、その旨の言明をコラボが行ったことはない。


注1:ただし一定の理性は政治参加の前提として必要とみる考えもある。例えば、参政権の拡充に極めて前向きであったイギリスのJ.S.ミルでも(19世紀にであるが)読み書きができる程度の知的能力は有権者の資格に必要としていた。


関連記事リンク 野党の支持母体「一般社団法人Colabo」の分析(1) 年間収入1億8000万円で岸田首相政治資金団体以上の集金力に、公称サポーター数1647名 仁藤夢乃氏32歳の絶大権力


関連記事リンク 野党の支持母体「一般社団法人Colabo」の分析(2)・・・フェミニズム要素は皆無のスタート 「社団法人」という選択の成功


「一般社団法人Colabo」の分析(3) 取材対象の少女に著書を配布と、労働力確保のビジネスモデル


「一般社団法人Colabo」の分析(4)赤旗から聖教新聞、朝鮮総連系まで広い露出ーー「日本会議・左派バージョン」の迷彩戦術


関連記事リンク 一般社団法人Colaboの分析(5)資金源は意外な「保守・警察系」団体・・・2018年以降は助成金の支払い元がどんどん追跡困難に


関連記事リンク 「一般社団法人Colabo」の分析(6)共産党「赤旗」は「機関誌」でなく「新聞」あつかい・・・赤旗への露出率は年々増加


一般社団法人Colaboの分析(7)出所不明の助成金は誰が出したか・・・出資「していそうな」側の記録で追う・・・一握りのサークルで「助成金ジャック」する慈善業界の格差構造


「一般社団法人Colabo」の分析(8) 10代後半の仁藤夢乃が見た風景・・・クルド難民支援から「女子高生サポートセンター」への脱皮


「一般社団法人Colabo」の分析(9)実践倫理宏正会との対比で見る、掴みどころのなさ


一般社団法人Colaboの分析(10) 学生運動から生まれた「政治教会」・・・農園=宣教場と宣言した牧師が特異な予備校講師として仁藤夢乃を導いた軌跡


一般社団法人Colaboの分析(11)「ボランティアなら被害少女の体験を」・・・過酷なロールプレイに見る、採用方針と内面統制


一般社団法人Colaboの分析(12)仁藤夢乃氏の削除したツイッターアカウントと投稿内容で見るコラボ・・AKBを踊りアニメファンで下ネタ好きの意外な素顔


一般社団法人Colaboの分析(13)操作されたメディア 仁藤夢乃氏「メディア総出で準備を手伝った」ーー『私たちは買われた展』が記者に作られるまで


一般社団法人Colaboの分析(14)ノンポリ風の「お姉さん」が、反基地フェミニストへ向かう過程ーー左派展開と明治学院大教諭らの影


一般社団法人Colaboの分析(15)仁藤夢乃を導いた阿蘇牧師のインテリ教会ーーー中国国内で公安の目をかいくぐり北朝鮮情勢を調査した異色の韓国人牧師・賈晶淳氏


一般社団法人Colaboの分析(16)安全のため訪問は受け付けずという虚偽見解 9年前は初回納入金24万8000円〜のスクールビジネス


一般社団法人Colaboの分析(17) フェミニズム以前の幸せな日々ーー仁藤夢乃氏のアイドル嫌いと「キモいおじさん」発言はどこから来たのか


一般社団法人Colaboの分析(18) 2つの「コラボ」・・・NPO法人カタリバによる東北コラボの存在と、仁藤氏コラボの分離・独立


一般社団法人Colaboの分析(19)人の導線でない新宿区役所から「動かない」バスの謎


一般社団法人Colaboの分析(20)仁藤夢乃と稲葉理事の出身母体 年間収入16億円の巨大NPO法人「カタリバ」・・・相方経営と教育スタートという共通項


一般社団法人コラボの分析(21)軽度知的障害者らの支援と、政治動員という倫理的ジレンマ


2015 関連記事リンク: 「日本は児童買春の国」・・・秋葉原でJKの服装をしただけの女性を写した写真を根拠に、外国特派員協会で記者会見が開催


2015 関連記事リンク: 仁藤夢乃氏 フィリピンで講演メイドカフェを「日本は児童買春の国」の証拠と主張したスライドをまた使用 


2015 関連記事リンク: 「日本人男性の女子校生への執着は病的・・・JKビジネスで働く女子児童の3分の1は、給食費のために働いている」・・・仁藤氏の社団法人Colaboにより、外国有力メディアが日本を集中砲火


2015 関連記事リンク: 「JKビジネスをする少女の3人に1人は給食費のために働いている」・・・仁藤氏の社団法人Colaboにより、複数の外国有力メディアが日本を女性蔑視の国と攻撃


・以下は山上徹也氏による安倍晋三氏銃撃事件を受けて書かれた、公共セクターと統一教会の関係記事。


NHKと統一教会同居の「ワールド宇田川ビルディング」 ビルオーナーの父も氏名を変更・・・ 登記簿などで判明


韓国政府の各地領事館と大使館 統一教会系イベント、ピースロードに訪問受け入れや激励、あいさつなど・・・韓国政府の統一教会との関係について、今後が見えない問題


統一教会イベント「孝情祭」を、労組連合系・原水禁が任命の「高校生平和大使」がFacebookでシェアする怪奇現象


東京都新宿区、区の施設で「平和大使」を育成と説明・・・統一教会系団体と同じ用語を使用


NHK、統一教会入居の華僑所有ビルについて賃貸借契約を締結 情報公開請求で確定


渋谷区松濤の現統一教会本部 来歴は隣の「栄光ゼミナール」創業者の土地から分筆登記 古地図と登記簿から判明


自民の下村博文 統一教会本部土地の元オーナー 「栄光ゼミナール創業者」著書へ推薦文 なお栄光ゼミナール社は渋谷区松濤で70年代開業の過去をHPで触れない処理 「電話帳」と照合で判明


NHK・統一教会の同居ビルオーナー元の名称は「山手商事」 昭和の宅建業免許番号で判明


NHKと統一教会関係団体が「同居」ビルのオーナー社長 「汪賢」から「王海汐明」氏へと個人名を「改名」の手続が登記簿で判明 ビル担保に33億融資を借受け カジノで知られるネバダでも事業展開


渋谷区松濤の現統一教会本部 来歴は隣の「栄光ゼミナール」創業者の土地から分筆登記 古地図と登記簿から判明


統一教会へ祝電の山本左近文科政務官 両親から政治団体経由で4000万円を受け取り 年内直後に団体解散で贈与税回避の効果


統一教会と関係の井出庸生文部科学副大臣 山上徹也容疑者の母がのめり込んだ「実践倫理宏正会」に政治資金で会費支払い 倫理法人会の顧問も就任 合計35万4000円支出


関連記事リンク 簗和生(やなかずお)文部科学副大臣 3年でガソリン代326万円・地球7周分を支出 月額18万円超も


関連記事リンク 高市早苗議員、政治団体からHP関係費などで奈良新聞グループへ129万円超を支出ーー新聞社の経営と報道に利益相反の問題


関連記事リンク 高市早苗大臣の奇妙な政治資金 3年間で460万円・地球10周分ガソリン代を支出 一度に23万円の給油も


【江藤貴紀】


 

人気記事ランキング
 

ページトップへ戻る