Menu
2015年5月以前の記事はこちら
2015年4月以前の記事はこちら

認定NPO法人フローレンスの分析(3)会長 駒崎弘樹氏 脱税スキーム利用でフローレンス、「認定」資格喪失の恐れ

会長の駒崎弘樹氏が自己の団体を通じたセルフ寄付スキームで脱税を行なった疑惑の濃厚な認定NPO法人・フローレンスに、認定取り消しの可能性があることが分かった。そもそもだが認定NPO法人とNPO法人と何が違うのかというと、特別に公共性の高いことをやっているという場合に、一定の条件をクリアーするとNPO法人は認定を受けることができる。そうなると税金面を中心とした優遇が受けられる仕組みになっている。。具体的にいうと、普通のNPO法人でも寄付や非営利事業などの収入についての法人税はかからない。しかし、認定...
認定NPO法人フローレンスの分析(3)会長 駒崎弘樹氏 脱税スキーム利用でフローレンス、「認定」資格喪失の恐れ
 

続きを読む▼

認定NPO法人フローレンスの分析(2)会長 駒崎弘樹氏 自己の団体にセルフ「ふるさと納税」で100万円分を税額控除か 地方税法・所得税法違反で脱税の疑い

認定NPO法人フローレンス会長、駒崎弘樹氏が、渋谷区と組んで行っている自己の団体「フローレンス」に100万円をふるさと納税でセルフ寄付して、その分の税額控除を受けていた疑いが分かった。所得税法違反で脱税の可能性がある。まず渋谷区と組んだふるさと納税のスキームで、自己の団体へ寄付を2022年12月末に行ったことは彼自身がツイートしている。 やっちゃいました。:ふるさと納税が足らず100万円自腹切りました|駒崎弘樹 https://t.co/WzSqa9LWt9— 駒崎弘樹 @「こ...
認定NPO法人フローレンスの分析(2)会長 駒崎弘樹氏 自己の団体にセルフ「ふるさと納税」で100万円分を税額控除か 地方税法・所得税法違反で脱税の疑い
 

続きを読む▼

フローレンス・文京区の子ども宅食についての大無駄遣い 一食3000円にカントリーマアム:7年間の社会実験と過大なコスト

この記事ではnoteに公表した内容を受けて文京区が村上財団やフローレンスと組んでやってる子ども宅食事業を扱います。 また、現在、情報公開請求をしている内容などでたくさん肉付けすると思います。いわばパイロット版ですがご容赦ください。 子ども宅食、ざっくりいうと子どものいる困窮世帯へ食品を送るという単純なプロジェクトです。 対象は672世帯で合計7回の発送、述べ4702回(世帯換算) 文京区の補助金支出が6134万円で、14人の人件費にも充ててると言いますね。 ちょっと...
フローレンス・文京区の子ども宅食についての大無駄遣い 一食3000円にカントリーマアム:7年間の社会実験と過大なコスト
 

続きを読む▼

社民党本部の政治資金収支報告書で読む、政治資金の2大問題 ①個人への渡しきり②金券購入、で使途が追えなくなる件:福島瑞穂氏への300万円および政党職員の住所を、党本部で記載する点など

令和4年の総務省届出分、政治資金収支報告書の社民党本部について、図書券や党機関紙の編集長個人への支出、「梅干し」65万円分の支出などが含まれていました。 この点については社民党本部のHP経由で11月末に質問したものの、未だ返答はありません。 しかしそのかわり(?)に田中稔という社民党の機関紙2つの編集長から、以下のようなコメントがありました。 いいかげんな書き込みは名誉毀損だよ。この旅費は愛媛県で実施された護憲大会の取材旅費。図書券は、紙面にあるパズル・囲碁・将棋の当選者への景品。...
社民党本部の政治資金収支報告書で読む、政治資金の2大問題 ①個人への渡しきり②金券購入、で使途が追えなくなる件:福島瑞穂氏への300万円および政党職員の住所を、党本部で記載する点など
 

続きを読む▼

認定NPO法人、フローレンスの分析(1)「慈善事業家」駒崎弘樹、寄付者アンケートから見るその信念:敵は「あしなが育英会」と「国境なき医師団」

(駒崎弘樹Twitterアカウント・プロフより) 国内最大級の認定NPO法人にして与党・野党問わずに影響力を強く発揮している駒崎弘樹というNPO法人の代表者がいる(ウィキリンク参照)。20代時代からメディア露出も盛んなため、名前についてはご存知の方も多いと思う。 慶應大学SFC時代にITベンチャーを立ち上げ、その後に保育事業のNPOに進出、現在は10億単位の内部留保を抱えており、一部上場企業の執行役員ぐらいの給与は得ていると豪語する、ある種の立志伝中の人物だ。 正直、僕は非...
認定NPO法人、フローレンスの分析(1)「慈善事業家」駒崎弘樹、寄付者アンケートから見るその信念:敵は「あしなが育英会」と「国境なき医師団」
 

続きを読む▼

「一般社団法人Colaboの分析」(50) 仁藤夢乃代表の一般社団法人Colabo、2023年3月時点の貸借対照表を未だ公表せず 役員らに一般社団法人法違反の疑い

(2023年10月17日現在のColabo登記情報より。電子公告が方法として定められている。) 仁藤夢乃氏(33)が代表理事を務める一般社団法人Colaboが、『一般社団法人および一般財団法人に関する法律』で義務づけられている、決算情報の公表をまた行っていないことが分かった。すなわち、同法は第36条で事業年度ごとの社員総会の招集を義務づけ(ここで「社員」というのは、従業員のことでなく、株式会社で言う「株主」のような立場である。)さらに第128条で「定時社員総会の終結後遅滞なく、貸借対照...
「一般社団法人Colaboの分析」(50) 仁藤夢乃代表の一般社団法人Colabo、2023年3月時点の貸借対照表を未だ公表せず 役員らに一般社団法人法違反の疑い
 

続きを読む▼

柴山昌彦 元・文部科学大臣 懐中電灯代3万円、新聞販売店からの検温機購入に5万円など奇妙な項目多数 政治資金収支報告書で判明

柴山昌彦・元文部科学大臣(共同養育議連会長)の令和3年分政治資金収支報告書に、意味のよくわからない支出や不相応に大きい支出項目、また参加者数で割ると売り上げが小数になってしまう政治資金パーティ券など、謎な報告が大量にあることがわかった。 まず、令和3年12月21日に開いた政治資金パーティの収入を見てみると1953万円で976名が参加とある。これは参加者数で売り上げをわると2万10.2459016円となってしまう。 おそらく2万円が政治資金パーティの相場の値段だが、一体どうしてこの収入...
柴山昌彦 元・文部科学大臣 懐中電灯代3万円、新聞販売店からの検温機購入に5万円など奇妙な項目多数 政治資金収支報告書で判明
 

続きを読む▼

【「シンママ作りビジネス」の分析】離婚カウンセラー・岡野あつこのビジネスモデル・・・①離婚相談②再婚向け結婚紹介所経営③離婚弁護士提携のマッチポンプ商法像

(岡野あつこ氏代表・株式会社ウェルマッチの運営するCARAT CLUBウェブサイトより) 現在の日本社会、少子高齢化が言われて久しい。その遠因の一つには婚姻の不幸な結果としての離婚リスク、ひいてはシングルマザー・シングルファザーでの子育てや、あるいは養育費支払いの負担に対する警戒心が挙げられるだろう。何しろ結婚する夫婦数の3分の1が離婚するというぐらいである。 ただ、どんな社会問題にもそこから利潤を得ている人々、あるいはマッチポンプのようにその問題を煽ろうとする人物、団体すら存在する...
【「シンママ作りビジネス」の分析】離婚カウンセラー・岡野あつこのビジネスモデル・・・①離婚相談②再婚向け結婚紹介所経営③離婚弁護士提携のマッチポンプ商法像
 

続きを読む▼

立憲 小西洋之参議院議員、政治資金で一般社団法人「倫理研究所」に10万円・・・選挙区内個人へ謎の会費支払い、りそな銀行に「事務所費」など奇妙な支出多数

(令和元年分政治資金収支報告書より) 立憲民主党の小西洋之参議院議員が、政治団体「小西ひろゆき後援会」から、政治資金で令和1〜3年にかけて、宗教右派とも評される「倫理研究所へ合計10万円の会費を支出していたことがわかった。 (令和2年分政治資金収支報告書より) 額はそれぞれ令和元年、令和2年、令和3年にそれぞれ2万円、6万円、2万円ずつ、全て会費として支払っていた。年度ごとに額が増減する理由は不明。 (令和3年分政治資金収支報告書より) 倫理研究所は、「...
立憲 小西洋之参議院議員、政治資金で一般社団法人「倫理研究所」に10万円・・・選挙区内個人へ謎の会費支払い、りそな銀行に「事務所費」など奇妙な支出多数
 

続きを読む▼

一般社団法人Colabo(仁藤夢乃代表) の分析48回 [個人情報保護法、景表法違反疑いのシンパ開催講演会」

(仁藤夢乃氏らの講演会を主催するアジュマブックス、ウェブサイトより) 3月11日、土曜日に開かれる仁藤夢乃氏の登壇イベントについて、主催者の有限会社アジュマ(代表、北原みのり氏)が、申し込みを受け付けた後に途中から、仁藤夢乃氏への批判をした人物の参加を拒絶するなど条件を追加していたことが分かった。 すなわち、アジュマに問い合わせたところ、現在ホームページにある新たな条件は2月25日と3月7日にメールで予約者に送信したという。そこでメールを確認したところ、以下のような内容で送信され...
一般社団法人Colabo(仁藤夢乃代表) の分析48回 [個人情報保護法、景表法違反疑いのシンパ開催講演会」
 

続きを読む▼

ページトップへ戻る