Menu
2015年5月以前の記事はこちら
2015年4月以前の記事はこちら

エドワード・スノーデン主役のフィルムとオーウェルの『1984』が リメイクして公開中

2022年8月20日11時11分
カテゴリ:PR・コマース

エドワード・スノーデン主役のフィルムとオーウェルの『1984』が リメイクして公開中

ラップで海外ニュースをやるサイトがあります。一般にラップというと、ノイズがうるさかったりスラングが多くてわかり難かったり、「悪ぶってる」人が格好付けて聞いてる印象があるかもしれません。

でも、この「ジョージ・オーウェル」などが登場する作品集「ジュース・メディア」の音楽はメロディアスでキレイです。普通にスジの分かるストーリーになっていて、やんちゃ自慢もないです。


エピソードでは毎回、黒電話を持った司会者の「ロバート・フォスター」さんがいろんなゲスト〜オバマとか、スノーデン、ジョージ・オーウェルを呼んで、インタビューや討論を5分くらいやります。テーマは政治、とくにネットとプライバシーに関するパロディ作品が多いです。(下の画像をクリックで、再生できます)




(1984のパロディ作品:「BIG Brother is WWWatching YOU」には「ジョージ・オーウェル」氏がゲストで登場します。PCからなら日本語の字幕も閲覧可。)


フォスターはビートルズ風の髪型に黒ぶち眼鏡をかけて、真面目くさった顔をあえてするわけです。一昔前の筑紫哲也みたいな(あるいはそれを謙虚にしたような)ややアナクロな雰囲気です。お金はほとんどかかってなくて(でも多分すごく時間はかかってるけど)、基本的に2人だけのスタッフでやっています。




(エドワード・スノーデン氏によるNSA文書の告発を扱った、第19回 WHITSLEBLOWER ザッカーバーグがいい味)


作者2人はイギリスからわざわざオーストラリアに移住してきたらしくて、ちょっとだけ変わり者かもしれません。直接お会いしたことはないですが、リンクを張っている回の日本語字幕はわたし担当です。(誤訳が見つかったから直さないと・・・)。


ユーチューブの動画一覧リンクはこちら


(ザ・ジュース・メディアの作品・MP3版はこちら)


 

人気記事ランキング
 

ページトップへ戻る