Menu
2015年5月以前の記事はこちら
2015年4月以前の記事はこちら

「一般社団法人Colabo」の分析(4)赤旗から聖教新聞、朝鮮総連系まで広い露出ーー「日本会議・左派バージョン」の迷彩戦術

2022年8月28日00時53分

「一般社団法人Colabo」の分析(4)赤旗から聖教新聞、朝鮮総連系まで広い露出ーー「日本会議・左派バージョン」の迷彩戦術



(「渋谷のギャルだった普通の女子」で売っている仁藤夢乃氏の2011年時点の画像。メガネ画像は珍しいのではないか。エコーニュース編集部入手資料。)


左派政党への支持を鮮明に打ち出す「一般社団法人Colabo」(以下、コラボ)だが、そのメディア展開はかなり特異だ。まずは仁藤夢乃氏の一枚看板である点。関連人物の情報開示を少なくすることで、セールス方法の一本化という他に、組織の全体像がよく分からなくなるという効果がある。またその謎深さをめぐってネットでは、キリスト教系から各種政治グループ、場合によっては海外との親和性まで匿名のネットユーザーが指摘されてきた。


にも関わらず、団体関連の書籍を引いてもメディア報道を追っても、探せば探すほど出てくるのはせっかく読み手が立てた一つの仮説を突き崩す別の情報だ。つまりアメリカ国務省とコンタクトしていて日本財団に表彰されているから米政府と繋がりがふかい、とかキリスト教左派との関係が強いとか、北朝鮮政府に近い朝鮮総連系の朝鮮新報に出ているからそちらと繋がりがある、など決め打ちしてもそれを掘り崩す別の証拠が出てきてしまい、皆が路頭に迷う。


参考に公式ホームページ記載のメディア出演歴を記事の見出しとともに挙げてみよう。全国メディアはほぼ全てであるので、変わったメディアを一部抽出するが昨年のもの(リンク参照)だと、特に党派制が強い(あるいは部数が少なかったり宗教系の)媒体でも以下の分だけある。


”朝鮮新報「友好への種を撒こう⑪ 痛みでつながる温かさ、強さ」

「フェミニスト・ウェブ・ジャーナル・イルダ(韓国版)「코로나 여파, 궁지에 몰린 십대여성 ‘성착취’ 심각(コロナ禍で窮地に追い詰められる10代女性 「性搾取」深刻化)」」

「日本財団ジャーナル「行き場のない少女たちを狙う性暴力や性的搾取。Colabo・仁藤夢乃さんが目指す全ての少女が安心できる社会」」

「日本共産党『女性のひろば4月号 NO.506』「呼びかけから排除された女性たち」」

「日本キリスト教婦人矯風会『k-peace第26号』「コロナ禍「ステイホーム」できない少女たち」」

ふぇみん婦人民主クラブ『ふぇみん婦人民主新聞No.3288』「コロナ禍で追い詰められる少女たち」

福岡県人権啓発情報センター『ヒューマン・アルカディアvol87』「コロナ禍で拡がる女性や子供の貧困、格差 「ステイホーム」できない少女たち」

東海大学『望星8月号』「男性への期待より女性の連帯を」

「日本医療福祉生協連『情報誌ComCom12月号 No.652』「考えてほしい 動き出してほしい あなたにできることがあるから」」

「新日本医師協会『母と子の健康第76号』「コロナ禍の中で子どもを守る ピンクのバスをご存知ですか?」」

「全日本民主医療機関連合会『民医連新聞 第1751号』「2022 道を決めるのは私たち「かかわって、つくる互いを尊重できる社会」」」

「東京都教職員組合『新聞都教組(新年号)』「新年号特集 虐待や性暴力被害にあった少女たちを支える」」

「全国人権教育研究協議会『月刊同和教育 であい 第719号』「コロナ禍で深刻化する少女に対する性搾取」」

「佼成出版社『やくしん5月号 第59巻』「街をさまよう少女たちとつながる」」

「生活クラブ連合会『生活と自治6 No.626』「バスカフェでつながる「助けて」と言えない少女たち」」

「週刊金曜日「岸田新首相の真贋 暮らしや命を守るのが政治の責任」」”


実に眩暈がするほど幅広い。コラボはいわば全方位外交を展開しているわけだが、これは非常に上手な戦略だ。つまり①ニッチな媒体も抑えて露出を増やし、様々な層(特に政治に関心のある人々)にアピールするという草の根戦術をとっているわけだ。

またもう一方で、②保険の意味も重要だ。すなわちキリスト教系で支援を固めつつも聖教新聞に出れば公明党からも悪く言われにくくなることを期待できるかもしれないし、立正佼成会系の「侯生出版社」に出たらそちらともいい関係を築ける。他にも共産党系メディアは赤旗から民医連ほか多く登場しており、また一方で笹川亮平とゆかりある日本財団にまで顔を出している(これは2011年からで付き合いが古い)。


コラボは、特に仁藤夢乃代表の極端な表現規制推進の姿勢などに対して、SNS上では毀誉褒貶ある団体である。にも関わらずなかなか批判的な報道ができないのは「可能な限りの媒体と仲良く友好関係を築いておくことで、その会社にシンパを作り、批判報道を抑制する」戦略が功を奏した結果ではないか。


ただ、よく見るとメディア戦略に一定の傾向が存在する。ならばいくらカモフラージュされているようでも、何らかのヒントはある。まずはメディアに対する区別だ。仁藤夢乃代表は「元渋谷ギャル」「お姉さん」と少女に呼ばれているなどとして「普通の女子でどこにでもいた今時の若者が政治に関心を持つに至ったオピニオンリーダー」というイメージで売り出している(その売り方については別稿に記す)。


が、コラボがメディアをどう把握分類しているかを見れば、いかなる意味においても彼女(たち)は若い女性を救いたいだけの「普通の若者」団体ではない。どういうことかというと媒体の区別に機関紙という概念を置いている点が決定的に普通ではないのだ(メディア関係者、特に年配の方や政党との関わりが強い方はご存じでも、普通の30前後で機関紙を新聞雑誌と区別する人は極めて少ない)。


この「機関紙」という言葉は馴染みのない方も多いかもしれないがウィキペディアでの説明に譲ると「機関紙(きかんし)とは、政党や各種団体などの機関(主に執行機関)が組織およびその見解等の広報・宣伝、会員や同じ階層に向けた情報交換などのため、定期的に発行する新聞である。同種の構造を持つ雑誌形態の出版物は「機関誌」と呼ばれる。」である。

また「組織論と機関紙」の概念の誕生は「ロシア革命の指導者ウラジーミル・レーニンは1902年、自著「なにをなすべきか?」の中で労働者の手による「全国的政治新聞」の発行の重要性を説き、機関紙が「暴露」と「扇動」のみならず、革命組織を全国的に作り上げる「集団的組織者」であるとした」とされている。

kikanshi

(コラボホームページより)

つまり要は共産主義発祥のバリバリの政治運動用語だ(*今ではこの言葉を使う団体は共産主義形に限らないが)。代表の仁藤夢乃氏は32歳だが、こんな政治運動ど真ん中のボキャブラリーをホームページに載せている団体はプロど真ん中の玄人さんである。(第5回に続く)


・この連載の記事は以下のリンクをご覧ください


関連記事リンク 野党の支持母体「一般社団法人Colabo」の分析(1) 年間収入1億8000万円で岸田首相政治資金団体以上の集金力に、公称サポーター数1647名 仁藤夢乃氏32歳の絶大権力


関連記事リンク 野党の支持母体「一般社団法人Colabo」の分析(2)・・・フェミニズム要素は皆無のスタート 「社団法人」という選択の成功


「一般社団法人Colabo」の分析(3) 取材対象の少女に著書を配布と、労働力確保のビジネスモデル


「一般社団法人Colabo」の分析(4)赤旗から聖教新聞、朝鮮総連系まで広い露出ーー「日本会議・左派バージョン」の迷彩戦術


関連記事リンク 一般社団法人Colaboの分析(5)資金源は意外な「保守・警察系」団体・・・2018年以降は助成金の支払い元がどんどん追跡困難に


関連記事リンク 「一般社団法人Colabo」の分析(6)共産党「赤旗」は「機関誌」でなく「新聞」あつかい・・・赤旗への露出率は年々増加


一般社団法人Colaboの分析(7)出所不明の助成金は誰が出したか・・・出資「していそうな」側の記録で追う・・・一握りのサークルで「助成金ジャック」する慈善業界の格差構造


「一般社団法人Colabo」の分析(8) 10代後半の仁藤夢乃が見た風景・・・クルド難民支援から「女子高生サポートセンター」への脱皮


「一般社団法人Colabo」の分析(9)実践倫理宏正会との対比で見る、掴みどころのなさ


一般社団法人Colaboの分析(10) 学生運動から生まれた「政治教会」・・・農園=宣教場と宣言した牧師が特異な予備校講師として仁藤夢乃を導いた軌跡


一般社団法人Colaboの分析(11)「ボランティアなら被害少女の体験を」・・・過酷なロールプレイに見る、採用方針と内面統制


一般社団法人Colaboの分析(12)仁藤夢乃氏の削除したツイッターアカウントと投稿内容で見るコラボ・・AKBを踊りアニメファンで下ネタ好きの意外な素顔


一般社団法人Colaboの分析(13)操作されたメディア 仁藤夢乃氏「メディア総出で準備を手伝った」ーー『私たちは買われた展』が記者に作られるまで


一般社団法人Colaboの分析(14)ノンポリ風の「お姉さん」が、反基地フェミニストへ向かう過程ーー左派展開と明治学院大教諭らの影


一般社団法人Colaboの分析(15)仁藤夢乃を導いた阿蘇牧師のインテリ教会ーーー中国国内で公安の目をかいくぐり北朝鮮情勢を調査した異色の韓国人牧師・賈晶淳氏


一般社団法人Colaboの分析(16)安全のため訪問は受け付けずという虚偽見解 9年前は初回納入金24万8000円〜のスクールビジネス


一般社団法人Colaboの分析(17) フェミニズム以前の幸せな日々ーー仁藤夢乃氏のアイドル嫌いと「キモいおじさん」発言はどこから来たのか


一般社団法人Colaboの分析(18) 2つの「コラボ」・・・NPO法人カタリバによる東北コラボの存在と、仁藤氏コラボの分離・独立


一般社団法人Colaboの分析(19)人の導線でない新宿区役所から「動かない」バスの謎


一般社団法人Colaboの分析(20)仁藤夢乃と稲葉理事の出身母体 年間収入16億円の巨大NPO法人「カタリバ」・・・相方経営と教育スタートという共通項


一般社団法人コラボの分析(21)軽度知的障害者らの支援と、政治動員という倫理的ジレンマ


2015 関連記事リンク: 「日本は児童買春の国」・・・秋葉原でJKの服装をしただけの女性を写した写真を根拠に、外国特派員協会で記者会見が開催


2015 関連記事リンク: 仁藤夢乃氏 フィリピンで講演メイドカフェを「日本は児童買春の国」の証拠と主張したスライドをまた使用 


2015 関連記事リンク: 「日本人男性の女子校生への執着は病的・・・JKビジネスで働く女子児童の3分の1は、給食費のために働いている」・・・仁藤氏の社団法人Colaboにより、外国有力メディアが日本を集中砲火


2015 関連記事リンク: 「JKビジネスをする少女の3人に1人は給食費のために働いている」・・・仁藤氏の社団法人Colaboにより、複数の外国有力メディアが日本を女性蔑視の国と攻撃


 

人気記事ランキング
 

ページトップへ戻る