Menu
2015年5月以前の記事はこちら
2015年4月以前の記事はこちら

統一教会イベント「孝情祭」を、労組連合系・原水禁が任命の「高校生平和大使」がFacebookでシェアする怪奇現象

2022年9月18日14時36分

統一教会イベント「孝情祭」を、労組連合系・原水禁が任命の「高校生平和大使」がFacebookでシェアする怪奇現象



(UPFという統一教会のフロント組織の催しをシェアする高校生平和大使のアカウント)

統一教会のフロント団体が任命する「平和大使」なるものがある。これと酷似した名称の署名運動が以下の「高校生平和大使 高校生1万人署名活動」というサイトで行われている。


ウィキペディア( https://ja.wikipedia.org/wiki/高校生平和大使 )によると1998年に長崎市の高校生が開始した平和運動とある。しかし高校生平和大使のウィキペディア自体は、編集履歴を見ると、2021年になって初めて作成されている。



ウィキペディアに記事があって昔から活動していた、と言われると知らなかった自分が不勉強なだけのような気がするかもしれないが、活動実態も乏しかったのかもしれない。ただ長崎県長崎市には、よくこの団体についての質問がくるようで、Q&Aのページをわざわざ作っている。


またweb.archiveのクロール履歴からは2013年以前の活動は確認できない。


さらに不思議なのはSNSアカウントの運用実態だ。署名活動ならば活動の際に真っ先に使用しそうーーつまりサービス開始とほぼ同時のアカウント開設ぐらいしていそうなのだが、代表的SNSですらアカウントが作成されたのは比較的近年だ。


まずTwitterは2020年11月にアカウント作成(@NGS10000)、YouTubeが2019年2月13日にアカウント開設である。




フェイスブックのページは2個あり、まず①「高校生1万人署名活動実行委員会」は2012年9月15日(この団体にしては早いが、フェイスブックが流行り始めてからは割と間がある)で、②もう一方の「高校生平和大使PEACE Messengers」は、2021年3月31日作成である。どこかで急に担当者が変わったりしてSNS運用に熱心になったのだろうか?



(フェイスブックアカウントページより)


そして問題は「長崎市民文化ホールにてUPF長崎平和大使協議会の協力で『長崎ふるさと孝情祭』が開催され多くの来場者でとても盛況となりました。」という投稿のシェアである。


UPFというのは統一教会のフロントの一つ(2005年に文鮮明夫妻が創設した)で、「孝情祭」は統一教会の催しである。検索すると色々出てくるが韓国の鮮文言語学院の投稿などから、その感じがわかる。




(Google検索結果より。1万人という数字がどうも統一教会ではよく出てくるようである)


山上徹也氏は、安倍晋三氏の統一教会に当てたビデオメッセージを見て、統一教会系のイベントそっくりと呟いていたとされるが、ひょっとするとライティングなどだけでなく、「1万人」という数字の部分にも反応したのではないだろうか。


スクリーンショット 2022-09-18 13.52.20

産経新聞記事リンクより)




(テレビ長崎による「高校生平和大使 高校生1万人署名活動」のイベント紹介)


なお高校生平和大使の実行委員会は「在韓被爆者問題への取り組み」として「原爆被爆者は日本人だけではありません。韓国にも広島・長崎で被爆しその後帰国した被爆者がたくさんいますが、未だに十分な援護が受けられていません。2003年より韓国を訪問し、在韓被爆者の皆さんとの交流や韓国の高校生と現地での署名活動などを行っています。」という。実際、サイトを訪れると韓国語での横断幕などを掲げた画像が多数、確認できる。



(高校生平和大使1万人署名活動実行委委員会ウェブサイトより)


なおこの高校生平和大使は著名人や、ハクのつきそうな相手方(例えばこのリンク先にあるように、オバマ元大統領の妹)と記念写真を撮るのもとても熱心である。


ちなみに、団体自身のページには電話番号の紹介はない。署名した名簿を送るためのファクス番号と、寄付を送るための振込先だけは記載されている。ただし地方紙の記事例を見ると原水爆禁止日本国民会議(原水禁)が高校生平和大使を任命しているとある。高校生平和大使は、この原水禁をはじめとして連合系の労働組合や平和運動と接点が多い。つまり、記事冒頭の統一教会イベントのシェアは、連合系のアカウントが行っていたということになる。(9月18日20時49分追記)


この団体の周辺を取材したところ、普通の平和運動と採られておられる向きもおられた。ただ私見では署名活動をしているのにSNSのアカウントに出来立てのものが多かったりだとか、ダミー団体をたくさん作ることで悪名高い宗教団体の催しと酷似した名称を自分の団体の催しで使っていたりとか(*注)、しかもその統一教会の祭礼をフェイスブックのページでシェアしているだとかの団体は、やや危なっかしい。



(2022年7月13日の長崎放送報道より。ここでは「高校生平和大使」と並列する形で「平和大使」の紹介がされている)


少なくともホームページに代表者名や、統一教会の平和大使と関係がない旨、またSNSアカウントの作成が近年となっている理由などは表示、説明してからでないと署名(ウェブ上からの場合、住所の記載も必須だった)はおちおちできないと思われる。現在この団体に統一教会の「平和大使」との関係についてなど確認中である。


なお一般論だが、政治的な左派陣営の中に、ひょっとしたら右派陣営の勢力が紛れ込んでいるかもしれないという可能性は、それを意識させただけで、左派陣営の士気を落とす強い効果がある。なので仮にこの団体が統一教会と関係ないとしても、それが統一教会と類似した名称のイベントを主催しているというだけで、政治的には左派の動員を妨げる効果があるだろう。


またあたかも左派が、若年者に価値判断に関わる政治活動を行わせるよう見せると、「子供を利用している」ように見えるので、政治的な左派陣営の評価を世間で下げる効果も期待できる(実際、この高校生平和大使についての書籍に関するAmazonレビューでは、誰が書いたかは知らないが、その旨の批判が見られた)。



(Amazon内の「高校生平和大使―ビリョクだけどムリョクじゃない!」レビューより)


注:「高校生平和大使」の公式見解では高校生平和大使の運動は1998年から開始とあるので、文鮮明氏らが「平和大使」を作った2005年よりも老舗だ。だが、どこかの時点で両方の団体や活動が合併したり吸収されたりすることもあり得る。実際、統一教会は「天地正教」という、自分達より古い仏教系の新興宗教を取り込んで統一教会のフロントとして活用していたことがある。


ちなみにジュネーヴ軍縮会議での高校生のスピーチは、4回ほど実施されたそうである。だが別の国からの抗議があって中止になった旨のNHK報道を転載したというサイトを全文、写したというふうに、地方の高等学校教職員組合系ブログの中には紹介しているものがあった。


【9月21日追記】高校生平和大使は、2003年と2004年のホームページリンクが見つかった。その後しばらくアドレスがどうなっていたのかなどは不明。


・以下、山上徹也氏による安倍晋三氏射殺事件を受けて書かれた関連報道リンク


東京都新宿区、区の施設で「平和大使」を育成と説明・・・統一教会系団体と同じ用語を使用


NHK、統一教会入居の華僑所有ビルについて賃貸借契約を締結 情報公開請求で確定


渋谷区松濤の現統一教会本部 来歴は隣の「栄光ゼミナール」創業者の土地から分筆登記 古地図と登記簿から判明


自民の下村博文 統一教会本部土地の元オーナー 「栄光ゼミナール創業者」著書へ推薦文 なお栄光ゼミナール社は渋谷区松濤で70年代開業の過去をHPで触れない処理 「電話帳」と照合で判明


NHK・統一教会の同居ビルオーナー元の名称は「山手商事」 昭和の宅建業免許番号で判明


NHKと統一教会関係団体が「同居」ビルのオーナー社長 「汪賢」から「王海汐明」氏へと個人名を「改名」の手続が登記簿で判明 ビル担保に33億融資を借受け カジノで知られるネバダでも事業展開


渋谷区松濤の現統一教会本部 来歴は隣の「栄光ゼミナール」創業者の土地から分筆登記 古地図と登記簿から判明


統一教会へ祝電の山本左近文科政務官 両親から政治団体経由で4000万円を受け取り 年内直後に団体解散で贈与税回避の効果


統一教会と関係の井出庸生文部科学副大臣 山上徹也容疑者の母がのめり込んだ「実践倫理宏正会」に政治資金で会費支払い 倫理法人会の顧問も就任 合計35万4000円支出


関連記事リンク 簗和生(やなかずお)文部科学副大臣 3年でガソリン代326万円・地球7周分を支出 月額18万円超も


関連記事リンク 高市早苗議員、政治団体からHP関係費などで奈良新聞グループへ129万円超を支出ーー新聞社の経営と報道に利益相反の問題


関連記事リンク 高市早苗大臣の奇妙な政治資金 3年間で460万円・地球10周分ガソリン代を支出 一度に23万円の給油も


  • 前のページへ
  • 12

     

    人気記事ランキング
     

    ページトップへ戻る