Menu
2015年5月以前の記事はこちら
2015年4月以前の記事はこちら

一般社団法人Colaboの分析(20)仁藤夢乃氏と稲葉理事の出身母体 NPO法人「カタリバ」・・・相方経営と教育起業という共通項

2022年9月19日17時31分
カテゴリ:国内

一般社団法人Colaboの分析(20)仁藤夢乃氏と稲葉理事の出身母体 NPO法人「カタリバ」・・・相方経営と教育起業という共通項

カタリバというNPOがある。コラボの理事である稲葉がかつてナンバー3を務めていたNPOである。英治出版というブランディング出版(というのは同社の表現)を手掛ける出版社が出す「「カタリバ」という授業」という書がある。出版は2010年。この本の裏表紙にも顔を出す稲葉隆久とカタリバの影響という観点から今回はコラボの特徴を考える。



(「カタリバ」という授業、裏表紙より。いちばん右が稲葉隆久氏。)


カタリバの活動開始は2001年、法人化は2006年だ。代表者は現在も、設立者の今村久美(1980年生まれ)が務める。今村は、団体の運営がうまく立ち行かない時期にはリクルート社に在籍していた(肩書きは、アルバイト、業務委託など)。


1982年生まれの今村亮は、今村久美の夫で、団体には途中から合流している。彼と稲葉隆久とは熊本県立熊本高校の同級生だ。稲葉と共にカタリバ本にも登場する。このカタリバ、現在は年間収入(会社でいうと売り上げ)で最新年度は16億円という巨大NPO法人だ(なおコラボ理事の牧師で社会運動家の奥田知志氏が代表の「ほうぼく」というNPO法人が年間収入7億7千万ほど)。



(特定非営利活動法人 「抱樸(ほうぼく)」活動計算書より )


参考までにコラボの年間収入は1億8000万から2億7000万ていどである(会計の仕方で同計上するかによる。)。コラボもかなり大きい(岸田首相の政治資金管理団体より収入額で上)が、カタリバの集金力は1桁上である。なお、カタリバの利益に相当する一般正味財産額は6億で、資産としては14億円である。



(カタリバ、ホームページより)


NPO法人の経営としては大成功の部類だ。その重役であった稲葉隆久(元理事。ナンバー3とも書籍の中では言及される)は、カタリバのノウハウをコラボへも当然に持ち込んだと言っていい。仁藤もかつて「プロジェクトマネージャー」(学生スタッフのうち、管理職的な部分も担うポジション)という立場などでカタリバに在籍していた。稲葉隆久とはカタリバで知り合ったと見られる。



英治出版ホームページより。広告としての効果を前面に押し出すのは正直だが、広告目的を正面に書かない出版は、景品表示法の脱法行為にも当たり得そうである。)


明らかなコラボとカタリバの類似点は、①男女2名がトップになっての、相方経営(仁藤氏は稲葉氏と入籍していないが、正月には稲葉の出身地である熊本県で元旦の挨拶をしている場面などをSNSに投稿している)②助成金と事業収入双方を得る社会企業③書籍出版によるブランディング、などの手法である。


これらは後発のコラボに、カタリバ重役だった稲葉も持ち込んだものと考えていい。なおサブの男性は顔をあまり出さないというのも両団体に共通だ。そして隠れた共通点は「教育」だ。カタリバの教育事業については、細かく述べないが、行政(教育委員会)の予算を獲得したりしたほか、他にベネッセからも支援を受けたという(P213)。現在もカタリバは全国に多く拠点を持つ。



コラボホームページにあるメディア掲載歴より)


2013年3月に法人として立ち上げ当初のコラボで仁藤が高認の雑誌と並んで登場したのが「2013年 7月 日経WOMAN「未来を選ぶチャンスを高校生たちに提供したい」である。これは実は、日経ウーマン2013年の7月号でなく8月号への掲載でややこしいのだが、従来報じた通りコラボは立ち上げ当初、「コラボ女子高等学院」として大手通信制高校と業務提携をしている。



(日経ウーマン2013年8月号)

そして日経ウーマンの仁藤インタビューによれば、2013年時点では塾を作る予定とある。この時点では貧困層ターゲットや福祉の問題などはコラボの事業として描かれていない。河合塾の大検、高認部門コスモに在籍していた仁藤夢乃氏が、教育関係を強みとするNPOのナンバー3だった稲葉隆久氏と立ち上げた団体として、高認取得などをはじめとする教育分野をマーケットに選ぶというのは、まあ順当である。


ただカタリバとコラボで相違点も存在する。コラボは代表の顔をこれでもかと強調する。カタリバの「今村久美」と言われても世間一般だと仁藤に比べると知名度は低いのではないか。おそらくさまざまな教育現場に学生を派遣しているため顔役も地域ごとにおり、またインターンの満足度を高めるためもあってか、カタリバは社会人である経営陣を団体の顔に強く出さないことの帰結だろう。


反面でコラボは、仁藤夢乃氏のTwitterアカウント @colabo_yumeno の方がオフィシャルアカウントよりも発信頻度が高いことなどから、属人的に仁藤夢乃の組織となっている。仁藤の性格も関係しているかもしれないが、①同時に先駆者であるカタリバなどの団体との区別化や、②看板をワンマンとすることで、分派の発生を防ぐ効果もあることは当然に意識されるはずである。


また政党色をカタリバが回避するのに対して、コラボは避けて通らない。あえてニッチなマーケットを狙うという意識もあるのかもしれない。しかし企業からの寄付などが、それでも維持できているのだから大したものである(ちなみにコラボは寄付してくれたスポンサーの商品をそのままどさりと写真に強くアピールするなどして、次のスポンサーへもアピールするのがとても上手い)。


ただ人間観としては未だ変わっていない部分もあるだろう。カタリバ本のP170にある稲葉の言葉が分かりやすいので引く。「人間は誰しも、熱狂的な状況を潜在的に求めているのではないかと思います。カタリバは”祭り”に似ているんです。」


おそらくこれはカタリバをコラボと読み替えても通用する。やることは極論をすればなんでもいいというところがコラボにはある。塾立ち上げからJKビジネス問題、慰安婦問題への取り組みから政党支援への移行など、その一貫性の欠如に対して我々は時に当惑する。だが、大手メディア的にコラボは「ネタになりやすい話」を分かりやすいパッケージにして運んでくれるありがたい存在である点は一貫している。


ある程度まで露出して知名度を高くすると、そこからやがて番組構成や誌面構成に欠かせない存在となる場合があって、影響力のゆえに影響力を持てる面がある。タモリ効果と言おうがジャニーズ効果と言おうがいい。もしすでに、大手メディアの中ではコラボ批判がしにくい空気が生まれているならばその計算は大したものだ。


関連記事リンク 野党の支持母体「一般社団法人Colabo」の分析(1) 年間収入1億8000万円で岸田首相政治資金団体以上の集金力に、公称サポーター数1647名 仁藤夢乃氏32歳の絶大権力


関連記事リンク 野党の支持母体「一般社団法人Colabo」の分析(2)・・・フェミニズム要素は皆無のスタート 「社団法人」という選択の成功


「一般社団法人Colabo」の分析(3) 取材対象の少女に著書を配布と、労働力確保のビジネスモデル


「一般社団法人Colabo」の分析(4)赤旗から聖教新聞、朝鮮総連系まで広い露出ーー「日本会議・左派バージョン」の迷彩戦術


関連記事リンク 一般社団法人Colaboの分析(5)資金源は意外な「保守・警察系」団体・・・2018年以降は助成金の支払い元がどんどん追跡困難に


関連記事リンク 「一般社団法人Colabo」の分析(6)共産党「赤旗」は「機関誌」でなく「新聞」あつかい・・・赤旗への露出率は年々増加


一般社団法人Colaboの分析(7)出所不明の助成金は誰が出したか・・・出資「していそうな」側の記録で追う・・・一握りのサークルで「助成金ジャック」する慈善業界の格差構造


「一般社団法人Colabo」の分析(8) 10代後半の仁藤夢乃が見た風景・・・クルド難民支援から「女子高生サポートセンター」への脱皮


「一般社団法人Colabo」の分析(9)実践倫理宏正会との対比で見る、掴みどころのなさ


一般社団法人Colaboの分析(10) 学生運動から生まれた「政治教会」・・・農園=宣教場と宣言した牧師が特異な予備校講師として仁藤夢乃を導いた軌跡


一般社団法人Colaboの分析(11)「ボランティアなら被害少女の体験を」・・・過酷なロールプレイに見る、採用方針と内面統制


一般社団法人Colaboの分析(12)仁藤夢乃氏の削除したツイッターアカウントと投稿内容で見るコラボ・・AKBを踊りアニメファンで下ネタ好きの意外な素顔


一般社団法人Colaboの分析(13)操作されたメディア 仁藤夢乃氏「メディア総出で準備を手伝った」ーー『私たちは買われた展』が記者に作られるまで


一般社団法人Colaboの分析(14)ノンポリ風の「お姉さん」が、反基地フェミニストへ向かう過程ーー左派展開と明治学院大教諭らの影


一般社団法人Colaboの分析(15)仁藤夢乃を導いた阿蘇牧師のインテリ教会ーーー中国国内で公安の目をかいくぐり北朝鮮情勢を調査した異色の韓国人牧師・賈晶淳氏


一般社団法人Colaboの分析(16)安全のため訪問は受け付けずという虚偽見解 9年前は初回納入金24万8000円〜のスクールビジネス


一般社団法人Colaboの分析(17) フェミニズム以前の幸せな日々ーー仁藤夢乃氏のアイドル嫌いと「キモいおじさん」発言はどこから来たのか


一般社団法人Colaboの分析(18) 2つの「コラボ」・・・NPO法人カタリバによる東北コラボの存在と、仁藤氏コラボの分離・独立


一般社団法人Colaboの分析(19)人の導線でない新宿区役所から「動かない」バスの謎


一般社団法人Colaboの分析(20)仁藤夢乃と稲葉理事の出身母体 年間収入16億円の巨大NPO法人「カタリバ」・・・相方経営と教育スタートという共通項


一般社団法人コラボの分析(21)軽度知的障害者らの支援と、政治動員という倫理的ジレンマ


2015 関連記事リンク: 「日本は児童買春の国」・・・秋葉原でJKの服装をしただけの女性を写した写真を根拠に、外国特派員協会で記者会見が開催


2015 関連記事リンク: 仁藤夢乃氏 フィリピンで講演メイドカフェを「日本は児童買春の国」の証拠と主張したスライドをまた使用 


2015 関連記事リンク: 「日本人男性の女子校生への執着は病的・・・JKビジネスで働く女子児童の3分の1は、給食費のために働いている」・・・仁藤氏の社団法人Colaboにより、外国有力メディアが日本を集中砲火


2015 関連記事リンク: 「JKビジネスをする少女の3人に1人は給食費のために働いている」・・・仁藤氏の社団法人Colaboにより、複数の外国有力メディアが日本を女性蔑視の国と攻撃


【江藤貴紀】


 

人気記事ランキング
 

ページトップへ戻る