Menu
エコーニュース(〜2015年4月)はこちら

東京都・葛飾、江東、江戸川区の自民地方政治家7名 自己の団体に寄付で5010万を節税可能な会計

2015年7月13日02時25分
カテゴリ:地方

東京都・葛飾、江東、江戸川区の自民地方政治家7名 自己の団体に寄付で5010万を節税可能な会計

自民党所属の葛飾区と江戸川区、江東区選出の地方議員7人が、自分が代表の自民党支部へ寄付をして、2011年から2013年の間に5010万円を対象に、議員個人の所得税や住民税を控除できる措置を取っていたことが政治資金収支報告書から分かった。


従来の記事と繰り返しになるが、自分が代表の政治団体なのでお金の使い道は自由に決められるが、地方議員の政党支部ならば5万円未満の支出について記載義務がないため、実質上税金だけを減らして自分のポケットマネーを作ることが出来るという問題がある。


そしてこれまでに明らかになった東京都内の他の都議および区議員らの分と合わせると、8億6734万5364円が23区内の自民党に所属する地方議員個人の節税対象となっている。


まず、葛飾区では平成23年に第二十七支部の布施秀明(ふせしゅうめい)区議会議員が90万円、24年に120万円、25年に210万円と合わせて420万円を自分が代表の団体に寄付で、所得税と住民税を控除できる処理を実施。


江戸川区では第二十一支部で八武先一郎(やぶさきいちろう、と読む。読みにくいかもしれない。なお寄付者名が八武崎信男となっているが、一方が通称名のようである)区議会議員が850万円を平成23年に寄付。また24年に677万円、25年には171万円である。


そして江戸川第十九支部の田島進議員は190万円を平成23年に、自分が代表の同支部に寄付。さらに24年には132万、25年には100万円で3年分を合わせて422万円が献金されている。


なお、斉藤正区議会議員は平成23年に100万円を寄付しているが、肩書きが「無職」なのが気になる。江戸川区の区議会議員というのは一種の無職なのだろうか。



斉藤議員は24年にもやはり100万円(なお、同居で不動産業の『斉藤きい子』の方が寄付に熱心で同年に200万を出しておられる)を献金で合計額は200万円である。


さらに江戸川第二十八支部では藤澤進一区議が平成23年に150万円、24年にも150万円、25年にも150万円を寄付で総額は450万円。


そして福本光浩江戸川区議会議員はもう少し大胆に、平成23年に400万円、24年にも400万、25年にはパワーアップして500万円を寄付で、計1300万円を節税対象に出来る処理。


最後に江東区であるが、区議の重松佳幸(しげまつよしゆき)氏が平成23年に100万円を寄付。ただしこれとは別に200万円を本人からの借入金(自分個人から、政治団体にお金を貸すこと)としていて(その分は寄付金控除の対象にならない)、このころはまだ控えめな経理を実行。しかししげまつ区議の政治資金収支報告書をみると24年にはもう少し寄付の割合が増えて。寄付金が200万円で借入金が60万円。そして平成25年には借入金はなしにして、250万円を一気に寄付するという税金対策的には一番賢い、大胆な処理をしている



(ツイッターアカウントのプロフィールによれば「民間の邪魔をしない」のがポリシーだそうである。だが私見では、議員が税を払わなければ民間に財政負担のしわ寄せがどこかで来る気がする


ちなみにであるが、江東区の自民党所属地方議員で、自分が代表の自民党支部に寄付をしていたのはこのしげまつ佳幸議員だけである(実は自民には総支部もあって、こちらを通しての分配については民主党、公明党などのはなしもあるが、そちらの方は長くなるので次回以降にする。)。


なお政治資金収支報告書の記載及び議員のHPを見ると23区内の自民党地方議員は非常に不動産業者が多く(特に2代目)、地方の土建屋なみの勢いである(近い親族も含めた割合は、改めて調べるがおそらく3割ほどになると思われる)。


政治資金収支報告書一覧のリンクと、他区の状況


他の自治体の自民党地方議員の政治資金収支報告書(東京都選挙管理委員会HPに掲載)は、この下のリンクから閲覧することが出来る。


・平成25年分

・平成24年分

・平成23年分


関連記事リンク 現、墨田区長を含む自民党所属の墨田区議会議員ら、2011年から3年で4478万円を自己の団体に寄付 節税可能な処理


関連記事リンク 荒川区の自民党議員6人、自己の政党支部宛に寄付で節税可能な会計 他区と合わせて7億7245万6236円が自民党地方議員個人の節税対象


関連記事リンク 自民、足立区と北区の地方議員ら、自分の自民党支部に寄付で1億140万円を控除できる処理 政治資金収支報告書から判明


関連記事リンク 板橋区の自民議員ら、自分が代表の政党支部に寄付で税金を控除できる処理 同居親族の所得税も控除対象


関連記事リンク 自民党地方議員ら、自己の政治団体あてに寄付で節税のスキーム、豊島、杉並、練馬でも判明 他区と合わせて6億3241万6236円に


関連記事リンク 自民党、中野区の地方議員13人が1億2403万円を自分が代表の自民支部宛に寄付 節税の会計処理が判明


関連記事リンク 自民、渋谷区長に擁立の村上英子都議ら、4382万円を自分に自分で寄付して節税処理 政治資金収支報告書で判明

関連記事リンク 自民党、世田谷区の地方議員も自分らに寄付 都内の自民議員、租税特別措置法で計で4億3千万円を節税対象に


関連記事リンク 自民党、品川・目黒選出の地方議員が3年で合計で1億1092万1533円を迂回寄付 節税枠を得てすぐに自分で使える処理


関連記事リンク セクハラヤジの鈴木章浩都議ら、自民党の大田区選出議員が自分の政党支部に多額の寄付、7500万の節税処理

関連記事  自民党 中央区の地方政治家も自身が代表の政党支部へ4281万円を寄付で節税対象経理 問題の金額、都内で合計額1億5459万円に


関連記事 自民 台東区長と区議7人が自身が代表の政党支部へ7148万円を寄付 節税対象の会計処理が政治資金収支報告書から判明


関連記事 自民党・千代田区の地方政治家も自身が代表の政党支部へ4281万円を寄付  都内の議員、特権節税疑惑が合計2億900万円に

関連記事 自民 文京区の地方議員4人が自身が代表の政党支部へ4040万円を寄付 節税対象の会計処理が政治資金収支報告書から判明  (旧エコーニュース)

関連記事リンク 新宿区で現役区長ら、自民の政治家が、2856万円を自分が代表の政党支部へ寄付 使途はお手盛りの問題


 

人気記事ランキング
 

ページトップへ戻る