Menu
エコーニュース(〜2015年4月)はこちら

自民党の地方議員、東京都中央区でも自身が代表の政党支部へ4281万円を寄付で節税対象経理 問題の金額、都内で合計額1億5459万円に

2015年6月22日13時14分
カテゴリ:地方

自民党の地方議員、東京都中央区でも自身が代表の政党支部へ4281万円を寄付で節税対象経理 問題の金額、都内で合計額1億5459万円に

自由民主党で自分が代表を務める支部を使って、中央区の区議会議員(元職を含む)7人が、平成23年から25年にかけて合計、4281万1500円を自分から寄付して、そのぶん自分の所得税や住民税などの控除対象と出来る会計スキームを使用していたことが、政治資金収支報告書から分かった。


地方議員の政治資金収支報告書は5万円未満の支出なら使途の明細を記載する義務が無いため、使い道が不明となる問題点がある(実際、使途の欄が完全に空白な例も複数あった)。


まず、もっとも節税対象の処理額が大きかった例として自由民主党東京都中央区第二十二支部では、代表者の木村克一(きむらかついち)中央区議会議員が、平成25年に280万、24年に270万を、23年には思い切って510万を寄付しており、合計して1060万円を節税可能な対象にしていた。



(木村議員の政治資金収支報告書より。なお使途の欄は、ぜんぶが不明となっている)


同様に石田英郎(いしだひでお)議員は、平成23年から25年にかけて、やはり自己が代表の自由民主党中央区第十四支部へ、毎年150万円ずつの合計450万円を寄付。


自由民主党東京都中央区第十五支部では原田賢一中央区議会議員が平成25年に330万円、24年に270万、23年に310万円を同じように寄付して、合計して910万円を対象に、節税可能な会計処理をしていた。



(原田区議の政治資金収支報告書より。なお支出の明細はやはりブランクになっていて、使途が不明であるので、どういった使い方でも出来る)


また磯野忠(いその忠)中央区議は、平成25年に180万、24年に306万1500円、23年に185万円で合わせて671万1500円を やはり自分が代表の自由民主党東京都中央区第十九支部へ寄付。


染谷眞人(そめやまこと)中央区議会議員は、平成24年に自己が代表の自由民主党東京都中央区第二十五支部へ220万円、25年に170万円で合計390万円を寄付している。



また、石島秀樹中央区議会議員(現在は無所属)も自民党時代は、平成24年に90万円と、23年に当時代表だった自由民主党東京都中央区第十二支部へ、190万円の合計290万円を寄付。


さらに、今年春まで中央区議を務めていた今野弘美氏(元職)も自身が代表の自民支部に平成25年に180万円、24年に170万円、23年に160万円の合計510万円を節税対象に出来る処理をしていた。


これで、これまでに分かった文京区、台東区の地方議員と合わせて東京都の自民党、地方政治家の節税可能な自己の支部あて寄付は、1億5459万1500円になった。


政治資金収支報告書(東京都選挙管理委員会HPに掲載)は、この下のリンクから閲覧することが出来る。


・平成25年分


・平成24年分

・平成23年分


関連記事 自民 台東区長と区議7人が自身が代表の政党支部へ7148万円を寄付 節税対象の会計処理が政治資金収支報告書から判明


関連記事 自民党・千代田区の地方政治家も自身が代表の政党支部へ4281万円を寄付  都内の議員、特権節税疑惑が合計2億900万円に

関連記事 自民 文京区の地方議員4人が自身が代表の政党支部へ4040万円を寄付 節税対象の会計処理が政治資金収支報告書から判明  (旧エコーニュース)


【江藤貴紀】


 

人気記事ランキング
 

ページトップへ戻る