Menu
エコーニュース(〜2015年4月)はこちら

荒川区の自民党議員6人、自己の政党支部宛に寄付で節税可能な会計 他区と合わせて7億7245万6236円が自民党地方議員個人の節税対象

2015年7月11日08時36分
カテゴリ:地方

荒川区の自民党議員6人、自己の政党支部宛に寄付で節税可能な会計 他区と合わせて7億7245万6236円が自民党地方議員個人の節税対象


自民党所属の荒川区選出の地方議員らが、自分が代表の自民党支部へ寄付をして、2011年から2013年の間に2158万円を対象に、議員個人の所得税や住民税を控除できる措置を取っていたことが政治資金収支報告書から分かった。


従来の記事と繰り返しになるが、自分が代表の政治団体なのでお金の使い道は自由に決められるが、地方議員の政党支部ならば5万円未満の支出について記載義務がないため、実質上税金だけを減らして自分のポケットマネーを作ることが出来るという問題がある


まず、自由民主党東京都荒川区第六支部代表の崎山知尚(さきやまちしょう)都議会議員は平成23年に45万円を献金(ハイパーリンク先は東京都選挙管理委員会のHPに掲載の政治資金収支報告書。断りのない限り、以下おなじ)。


第十支部では菅谷元昭(すがやもとあき)区議が平成23年に50万円、24年25年に100万円で合計250万円を寄付。


第十一支部ではもぎ弘区議が220万円を平成23年に寄付。また茂木弘荒川区議は、24年にも200万円、25年に150万円を献金で、合計して670万円。


柔道整復師が肩書きの並木一元(なみきかずもと)区議は第十五支部の代表を務めながら同支部へ平成23年に200万円、24年に150万円、25年に100万円と柔軟な会計処理を実施で計450万円を寄付。



第十二支部の若林清子(わかばやしせいこ)荒川区議は平成23年に21万円、24年に72万円で合わせて93万円を自分の自民党支部に寄付していた。


二十一支部の鳥飼秀夫(とりがいひでお)区議は平成23年に200万円、24年にも200万、25年に150万円で合計の寄付額は550万円になる。


以上を合わせると6人の議員で、自分が代表の自民党支部宛献金額は2158万円になり、これまでに明らかになった東京都内の他の都議および区議員らの分と合わせると、7億7245万6236円が自民党に所属する地方議員個人の節税対象となっている。


  • 前のページへ
  • 12

     

    人気記事ランキング
     

    ページトップへ戻る