Menu
エコーニュース(〜2015年4月)はこちら

【安保法案】法務省・定塚誠訟務局長、安倍総理と法案成立前日に会談の前後 メール記録を全て破棄または利用記録なし 情報公開請求への法務省応答で判明

国会でいわゆる安保法案が成立する前日の9月18日に、安倍晋三総理と法務省の高官、定塚誠訟務局長が会談していたものの、その会談前後(2015年9月中)に定塚氏が法務省内のPCまたは法務省の公務アドレスを使用して送信したメールも、定塚誠氏のPCおよび公用アドレスあてのメールも法務省に保管されていないことが、法務省からの情報公開請求への応答で分かった。 実は以前の取材で、安倍晋三総理と会うために作成した資料および会談時に作成した文書も全く法務省は持っていないとの解答をしている。 ま...
【安保法案】法務省・定塚誠訟務局長、安倍総理と法案成立前日に会談の前後 メール記録を全て破棄または利用記録なし 情報公開請求への法務省応答で判明
 

続きを読む▼

稲田防衛相:日米関係のがたつきが、中国の横暴を招いている

  (稲田朋美防衛大臣が2010年に出版した著書「私は日本を守りたい」より) 2016年8月、防衛大臣に新しく就任した稲田朋美氏が、2010年に記した著書「私は日本を守りたい」で「日米関係ががたついていると中国は傍若無人の行動に出るのです」と述べていたことがわかった。同書は民主党政権の最中に出版されたもので、民主党政権を「不道徳極まりない政治」(P39)などと批判。また岡田克也氏(現・民進党代表)についても「岡田さんと韓国との間には何かがあるのではないかとすら思ったほどでした」と(名誉毀...
稲田防衛相:日米関係のがたつきが、中国の横暴を招いている
 

続きを読む▼

千代松大耕・現泉佐野市長ら、大阪の自民、民主、共産所属の政治家16名が自分の政治団体に寄付 6787万円分の税金控除を選管へ申請 情報公開請求で判明

千代松大耕・現泉佐野市長ら、大阪府の地方政治家16人が平成22年と23年にかけて、自分が代表をつとめる政党支部に寄付をして、租税特別措置法の定める寄付金控除の申請を行っていたことが、大阪府選挙管理委員会へ、政党支部の代表者である政治家自身から出された「寄付金(税額)控除のための書類」を対象に本紙がかけた情報公開請求で分かった。 (梅本憲史(うめもとのりふみ)・大阪府議会議員(当時)が選管に提出した書類より。寄付したのは平成23年であるが、事務処理の関係から寄付金控除の為の書類の収受...
千代松大耕・現泉佐野市長ら、大阪の自民、民主、共産所属の政治家16名が自分の政治団体に寄付 6787万円分の税金控除を選管へ申請 情報公開請求で判明
 

続きを読む▼

「中学受験の頑張りすぎで身長が低くなる」説は本当か? 高偏差値校「都立小石川」のサンプル1700超の分析

中学受験生、特に学力の高い生徒は、身長が低いのではないかーーそして、その一因に運動不足や睡眠不足などがあるのではないかーーこのような印象をお持ちの方は、首都圏の保護者や教育関係者で少なくないのではないだろうか。 例えば、フォーマルに署名された記事では、オバタカズユキ氏が2016年1月30日付の記事で「中学受験の難易度と生徒の身長にまつわる俗説について」と題して論じており、概ね「受験学力と身長との反比例な相関関係」があるのではないかと述べておられる。 筆者も実はこれと同様の印象を持って...
「中学受験の頑張りすぎで身長が低くなる」説は本当か? 高偏差値校「都立小石川」のサンプル1700超の分析
 

続きを読む▼

自民、野田聖子元総務会長、今年に死去の実父から満額の寄付で相続税の減殺可能な経理 使途には「検番」の会費を毎年計上

自民党の野田聖子・前総務会長が、自分の政治資金管理団体「二十一世紀の会」に対して実父の島稔氏から、政治資金規正法が許す上限である「1年間に1人の寄付者から1人の国会議員への寄付額である150万円」の寄付を、少なくとも平成23年から25年の間に受けていたことが、政治資金収支報告書の記載から分かった。 (平成24年分の政治資金収支報告書である。島稔氏が150万円をぽんと寄付するとともに、と同居のもう1人の島福子氏(野田聖子氏との間柄は不明)からも100万円の寄付がある。) また実父と同居...
自民、野田聖子元総務会長、今年に死去の実父から満額の寄付で相続税の減殺可能な経理 使途には「検番」の会費を毎年計上
 

続きを読む▼

ページトップへ戻る