Menu
2015年5月以前の記事はこちら
2015年4月以前の記事はこちら

町村信孝の娘婿・和田義明内閣府副大臣 政治資金で3年間に207回の食事代 1219万円を支出

2022年8月18日16時51分

町村信孝の娘婿・和田義明内閣府副大臣 政治資金で3年間に207回の食事代 1219万円を支出

2022年8月の内閣改造で、内閣府副大臣になった和田義明衆議院議員が、食費に、政治資金管理団体「信和会」から「会合費」名目の支出だけで1219万6886円をこの3年間に支出していたことが分かった。信和会は故・町村信孝氏が有していた政治団体で、その娘婿として地盤とカンバンを受け継いだ和田副大臣が現在、代表を務めている。

和田義明食事代

(信和会の2020年分政治資金収支報告書より。総務省リンクはこちら

この3年の食費の内訳は2020年にで303万3851円、2019年に495万3291円、2018年に420万9744円。1万円以上のまとまった費用を計上した回数はそれぞれ63回、73回、71回で3年合わせて207回になる。毎日、政治資金のみでも1万円以上を食費に費やしている計算だ。


食事先はグランドハイアットや帝国ホテルなどの高級ホテルの他、寿司店や割烹なども目に付くが、全体の傾向としては港区に所在する店が多く、またジャンルとしてはステーキハウスなど牛肉店への支出が目立つ。地方の店はあまり利用した形跡がなく、また他の政治家と比べると叙々苑などの高級焼肉や、うなぎ店は(行ってはいるものの)そこまで好みではないようだ。



(2019年分の政治資金収支報告書)

なお一部、弁当代も含まれているが、和田議員が開催した「政治資金パーティ」での食事や、他の政治家の政治資金パーティでの食費はこれに含まれない(それらについては別途、支出が計上されていた。)。


和田義明議員は、カルト2世として母による統一教会への散財に苦しんだ山上徹也容疑者による安倍元総理銃撃事件を受けて行われた第二次岸田改造内閣で副大臣に就任しているが、直後に和田義明議員も統一教会へ祝電を送ったことが分かっている。



(2018年分の政治資金収支報告書より。日本人男性の平均年収に近い額が、1年の食事だけで計上されている。)


一方で「カルト2世」とされ、いわゆる「氷河期世代」の派遣社員であった山上徹也容疑者は、60万円ほどの負債に喘いでいたとされるが、その暗殺による「棚からぼたもち」で政局が変わり、同じ国の人間とは思えないような相場観で金銭を消費している世襲議員が副大臣に座った格好である。


・以下、安倍元首相殺害事件を受けて、統一教会との関わりが指摘された議員や公共セクターについての関係記事



NHK・統一教会の同居ビルオーナー元の名称は「山手商事」 昭和の宅建業免許番号で判明


NHKと統一教会関係団体が「同居」ビルのオーナー社長 「汪賢」から「王海汐明」氏へと個人名を「改名」の手続が登記簿で判明 ビル担保に33億融資を借受け カジノで知られるネバダでも事業展開

渋谷区松濤の現統一教会本部 来歴は隣の「栄光ゼミナール」創業者の土地から分筆登記 古地図と登記簿から判明/a>


NHKと統一教会の関連団体本部、同一ビルに入居 「王海」社長の建物オーナー企業は自民に献金


NHKと統一教会の関連団体「勝共連合」及び「世界平和連合」本部、同一ビルに入居が判明 ビル内テナントの交流も活発と宣伝


統一教会へ祝電の山本左近文科政務官 両親から政治団体経由で4000万円を受け取り 年内直後に団体解散で贈与税回避の効果


統一教会と関係の井出庸生文部科学副大臣 山上徹也容疑者の母がのめり込んだ「実践倫理宏正会」に政治資金で会費支払い 倫理法人会の顧問も就任 合計35万4000円


関連記事リンク 簗和生(やなかずお)文部科学副大臣 3年でガソリン代326万円・地球7周分を支出 月額18万円超も


関連記事リンク 高市早苗議員、政治団体からHP関係費などで奈良新聞グループへ129万円超を支出ーー新聞社の経営と報道に利益相反の問題


関連記事リンク 高市早苗大臣の奇妙な政治資金 3年間で460万円・地球10周分ガソリン代を支出 一度に23万円の給油も


 

人気記事ランキング
 

ページトップへ戻る