Menu
エコーニュース(〜2015年4月)はこちら

諜報機関向けスパイウェア企業 ハッキングチーム社、ウィンドウズPhoneのアプリを販売

2015年7月15日20時55分
カテゴリ:外信

諜報機関向けスパイウェア企業 ハッキングチーム社、ウィンドウズPhoneのアプリを販売

「SMARTテレビ」や「LINE」も有効なターゲットと認識





また2014年付けの別のファイルによると同社はスマートテレビも非常にビジネス上有効なターゲットになると明示している。すなわち、OSを搭載する上にインターネットに接続され、またキーボードなども保有すればパソコンに非常に似たデバイスとなるからである(このスマートテレビのハッキングという発想自体は別に目新しいものではない)。


なおアプリケーションソフトLINEについても、2012年11月の時点で有望な標的で、可能な限り早く(support)つまりハッキングできるようにする必要があると述べているが(1)その後に通信を解読できたのかや(2)あるいは、端末自体を乗っ取ることで十分であると判断してハッキング対象から外したのかなどは、さだかではない。


追記:ハッキング社はギリシャ政府にも昨年セールスをかけているが「財政難」を理由に2014年11月19日に断わられている。


*ただしアメリカFBIは同社製のツールを購入しており、他にもナイジェリア、ポーランド、タイ、その他34カ国が同社のクライアントになっている。


関連記事リンク 諜報機関向けスパイウェア企業、ハッキングされ日本政府とのメールが流出・ウィキリークスに掲載 海自隊員、防衛省技術研究本部の個人情報と、国内諜報機関員の情報が漏洩


関連記事リンク ウィキリークス流出 アメリカ大使館機密公電で判明 「閣僚選任の『身体検査』は警察庁が担当」 河野太郎氏が米国へ情報提供 (旧エコーニュース)


関連記事リンク 「安倍晋三総理の意思決定は独善的」〜アメリカ大使館機密文書 第一次安倍内閣時の評価が、ウィキリークス流出文書に存在(旧エコーニュース)


関連記事リンク 日本のインテリジェンス、自衛隊と産経新聞にセキュリティホール、警察も捜査に偏重 ウィキリークス漏洩・アメリカ秘密公電で判明 (旧エコーニュース)


 

人気記事ランキング
 

ページトップへ戻る