Menu
エコーニュース(〜2015年4月)はこちら

諜報機関向けスパイウェア企業 ハッキングチーム社、ウィンドウズPhoneのアプリを販売

何者かによってハックされ、その一部がウィキリークスに流出したイタリアのマルウェア企業Hacking Team(以下、ハッキング社)が米国の諜報機関国家安全保障局(NSA)にセールスをかけていたほか、MicrosoftのウィンドウズPhoneでアプリを提供していることが漏洩メールから分かった。 まず、ハッキング社にNSAから送信されたメールからは同社の制作しているマルウェアの内容が分かる。売り込まれていたのはRCS(ターゲットのスマートフォンやPCを遠隔操作できるシステム。リモート・コン...
諜報機関向けスパイウェア企業 ハッキングチーム社、ウィンドウズPhoneのアプリを販売
 

続きを読む▼

ページトップへ戻る