Menu
エコーニュース(〜2015年4月)はこちら

小池百合子氏が代表の自民東京第十選挙区支部と自民党東京都連で、政治資金収支報告書の記載が相互に矛盾 いずれかに虚偽記載罪の疑い

2016年7月3日02時56分

小池百合子氏が代表の自民東京第十選挙区支部と自民党東京都連で、政治資金収支報告書の記載が相互に矛盾 いずれかに虚偽記載罪の疑い

東京都知事に立候補を表明した小池百合子氏が代表を務める政治団体、「自由民主党東京都第十選挙区支部」の政治資金収支報告書にある直近3年間の記載が、同じく自民党の支部である「東京都自由民主党支部連合会」(代表者・石原伸晃氏。略称、「Tokyo 自民党」)と、毎年にわたって矛盾をきたしており、合計で79万円の齟齬が生じていることが分かった。なお、後掲リンクにある通り、小池百合子が代表の「自民豊島総支部」でも、自民党東京都連の帳簿と矛盾した会計処理を210万うまれている(2016年7月6日追記)。


後述する通り、政治資金規正法違反(虚偽記載)が成立する可能性があるほか、収入源を偽っていた場合にも匿名寄付の禁止に触れ、また仮に小池氏の団体が受け取った収入を会計に回さずにいた場合には業務上横領罪などの成立する可能性がある。





まず、「東京都自由民主党支部連合会」からは平成24年12月4日に30万円が2回の合計60万円が、小池百合子が代表を務める「自由民主党東京都第十選挙区支部」へ組織対策費の名目で支払われている(リンク先・政治資金収支報告書を参照)読みにくいかもしれないが、2個の支出は別々のものである。



ところが、小池百合子氏が代表の自由民主党東京都第十選挙区支部(以下、同第十支部)の平成24年分政治資金収支報告書には、上記のうち、12月4日に合計60万が支払われたうちの、30万円しか収入として記載されていない。つまり差額の30万円がどこかに消えているわけである。


また、平成25年分の第十支部側、政治資金収支報告書には「自由民主党東京都支部連合会」からの寄付が30万円、計上されている。



一方、「東京都支部連合会」側の政治資金収支報告書には第十支部あての支出は記載されていない。つまり、出所不明の資金が小池百合子氏が代表の自民支部に30万円入ってきたということである(注1*)。この平成25年の場合は、どちらの記載が真実か定かでないが(虚偽の記載をした側に)政治資金規正法違反(虚偽記載)が成立する疑いがある。




そして、平成26年も例に漏れず記載が混乱している。すなわち「自由民主党東京都支部連合会」の政治資金収支報告書では2月13日に32万円(16万円の振り込みを2回に分けて行う形をとっている)を小池氏の支部へ交付金として計上。





そして12月2日に30万円、翌日の12月3日に3万円が交付金として小池百合子氏の第十支部あてに計上されているものの、小池氏が代表の第十支部が提出した政治資金収支報告書ではこの年に46万円しか「自由民主党東京都支部連合会」からの交付金として計上されておらず、19万円がどこかに消えている。





(このリンク先にある政治資金収支報告書を見てもらうとわかるのだが、同額の支出を同日に繰り返し行ったり、時間軸が前後したり、あと支出内容も性格の全く違うものがモザイク状に入れこまれたしており、何のためにこう複雑な帳簿付けえをしているのかと訝しくなる。)




(小池百合子氏の自民党支部が提出した政治資金収支報告書)


まとめ上げると、小池百合子氏の自民支部をめぐっては79万円について「自由民主党東京都支部連合会」(代表者は石原伸晃氏)との資金移動の過程で送金額と受領額にズレが生じており、いずれかの側に政治資金収支報告書の虚偽記載として、政治資金規正法違反(第25条で5年以下の禁錮又は100万円以下の罰金)が成立する恐れがある。


また、仮に小池代議士側の自民支部構成員の誰かが、入ってきた資金を自らのものとするなどしていれば刑法上の業務上横領罪(10年以下の懲役)が成立する。


なお、今回の都知事選挙の引き金となった舛添要一氏の辞職と「政治と金」関係で指摘が高まっているのをを受けて、自民党東京都連は「現職国会議員以外」から候補者を擁立するとした旨が6月27日の日経新聞で報じられるなどしているが、おそらくは身内の内情を内部で検討した結果、そのような結論になったのだと推察される。


注1* 見方によっては、前年分の収入を「期ズレ」で計上したと見えるかもしれない。ただし、自民東京都連には毎年、小池百合子氏が本人で寄付をしており、また小池氏自身が①その東京都連から資金を自己の自民支部に入れてもらった後で、②自分の自民支部から選挙期間中に資金を引き出すこともある(1回で700万ほど)。これを見ると、ぐるぐると意味のない資金循環を繰り返して、政治資金の流れを見えにくくしているーーその中で矛盾が頻繁に生じているーーようにも思える。



スクリーンショット 2016-07-03 2.17.22

(上が自民党東京都連の政治資金収支報告書で、下が小池百合子氏の自民支部・政治資金収支報告書。小池氏自らによる東京都連への寄付が、なぜか小池氏の自民支部に還流した後で小池個人に戻っている様がうかがえる。)


関連記事リンク 小池氏が代表の自民豊島総支部と自民党東京都連で毎年帳簿が相違 3年で210万円の使途不明金


関連記事リンク 小池百合子氏 政治団体の家賃を自己が代表の国際親善団体に「肩代わり」させる処理 政治資金規正法違反および、横領、背任のおそれ

関連記事リンク 小池百合子氏 政治資金から「郵送料」で金券ショップ・郵便局へ220万円、ハガキ4万枚以上の大量支出 自著の出版社からも133万の大量購入


関連記事リンク 「やせ我慢」の小池百合子氏 飲食は我慢せず ホテルで謎の会議代150万円と菓子代9万を計上 観光バス会社や老人会費などへも支出


関連記事リンク 旧エコーニュース – 自民・小池百合子氏 防衛相時代に持ち出し禁止のメールをプリントアウト 内規を潜脱の疑い (2013年11月記事)


 関連記事リンク 旧エコーニュース – 東京都の舛添知事 政治資金で絵画、美術品の類896万円購入 事務所家賃も自宅に1516万円:計2412万円の支出(2014年11月記事)


 関連記事リンク 旧エコーニュース – 舛添東京都知事 質問へ 「時間の無駄だ!税務署で聞け!」外国特派員協会で、 美術品購入など3190万円の政治資金流用に関して回答拒絶(2014年11月記事)


【江藤貴紀】


 

人気記事ランキング
 

ページトップへ戻る