Menu
2015年5月以前の記事はこちら
2015年4月以前の記事はこちら

一般社団法人Colaboの分析(19)人の導線でない新宿区役所から「動かない」バスの謎

一般社団法人Colabo(以下、コラボ)が誇る事業の一つに「バスカフェ」がある。2018年10月から開始したとされ、別称はツボミカフェともいう。若年女性を対象として行う食事などの提供事業で渋谷または新宿の繁華街近くで、水曜の夜に4時間開催されることがある。その予算の割に開催頻度が少ない、あるいは提供食事数が少ないのではないかなど費用対効果に疑問も呈されている。そもそもどう予算が付いたのかなどを含めて、国会議事録と現地調査をもとに、今回はバスカフェを通してコラボが目指していたところと、実際に果たし...
一般社団法人Colaboの分析(19)人の導線でない新宿区役所から「動かない」バスの謎
 

続きを読む▼

ページトップへ戻る