Menu
エコーニュース(〜2015年4月)はこちら

「日本のメイドカフェ、実態は単なる買春産業。女子児童が強姦されても警察は捜査しない」・・・エミー賞受賞の米国記者や英デイリーメールなど、26の海外メディアが日本を集中砲火

(イギリスのデイリーメール紙より。秋葉原は少女買春の温床で、これは違法行為の現場だそうである。) 米国、イギリス、ドイツ、ロシア、中国、イタリア、スペイン、インドネシア、ベトナム、ベルギーの、少なくとも10カ国で26の海外メディアによって「日本人男性は女子生徒に異常な性的執着を持つ」「秋葉原のJKビジネスやメイドカフェは児童買春の隠れ蓑」「秋葉原には児童ポルノが販売されている」という報道が今年の5月以降に出されていることが分かった。 このきっかけは、JKビジネスの専門家仁藤夢乃氏(2...
「日本のメイドカフェ、実態は単なる買春産業。女子児童が強姦されても警察は捜査しない」・・・エミー賞受賞の米国記者や英デイリーメールなど、26の海外メディアが日本を集中砲火
 

続きを読む▼

「JKビジネスをする少女の3人に1人は給食費のために働いている」・・・仁藤氏の社団法人Colaboにより、複数の外国有力メディアが日本を女性蔑視の国と攻撃

日本が児童買春の国だとして、外国特派員協会で秋葉原でメイドカフェなどが客引きをする年齢不詳の写真を根拠にプレゼンテーションを行った仁藤夢乃氏がドイツ公共放送のドイチェヴィレや、有力英語メディアに対してJKビジネスで働く少女の3分の1は給食費のために働いている、秋葉原のメイドカフェは児童買春の隠れ蓑などと述べていたことが、本人のツイッターのつぶやきをきっかけに分かった。(記事のURLは「日本のメイドカフェは児童SEX産業」となっている)。 ドイチェヴィレの取材に対して仁藤夢乃氏は「一見し...
「JKビジネスをする少女の3人に1人は給食費のために働いている」・・・仁藤氏の社団法人Colaboにより、複数の外国有力メディアが日本を女性蔑視の国と攻撃
 

続きを読む▼

仁藤夢乃氏 フィリピンで講演。秋葉原メイドカフェの写真を根拠に「日本の女子は貧困に苦しみ、売春を余儀なくされている」と強調

JKビジネスの専門家、仁藤夢乃氏が「School Girl for Sale in Japan (日本では女子生徒が売りに出されている)」という英語ニュースの報道で「秋葉原では2メートル間隔で女性が立っている」と述べて秋葉原を売春のメッカとして説明していたことがわかった。 この発言は英語ニュースで配信され、この動画のYouTube版は既に40万人以上が視聴している。 また同氏はフィリピンまで行って、メイドカフェなどが秋葉原で客引きをしている年齢不詳の写真を使いながら、日本の児童の...
仁藤夢乃氏 フィリピンで講演。秋葉原メイドカフェの写真を根拠に「日本の女子は貧困に苦しみ、売春を余儀なくされている」と強調
 

続きを読む▼

ページトップへ戻る