Menu
エコーニュース(〜2015年4月)はこちら

DMM英会話への問い合わせ〜広告に出てくる「258点から331点にTOEICスコアが上昇した話」の真偽と、景表法違反の恐れについて

2015年6月17日19時35分
カテゴリ:スタッフブログ

DMM英会話への問い合わせ〜広告に出てくる「258点から331点にTOEICスコアが上昇した話」の真偽と、景表法違反の恐れについて

匿名ネットユーザーの方々の指摘に基づき、以下の通り問い合わせしています。


“ DMM担当者様


お世話になります。

エコーニュースR編集長の江藤と申します。


御社の出しておられる下記の広告ですが、

http://www.dmm.com/lp/eikaiwa/compare/index010.html/=/navi=none/?utm_source=af&utm_medium=asp&utm_campaign=pc


TOEICのスコアが258点から331点に上昇した例として42歳女性のものが書かれています。


しかし、TOEICテストは990点を満点として、5点刻みで点数の付くテストであるところ、258点も331点も、いずれもあり得ないスコアではないでしょうか?


もし上記が、事実と異なる表記をした広告である場合、不当景品類及び不当表示防止法

( http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S37/S37HO134.html ) 4条1号が禁じている、いわゆる優良誤認表示にあたるおそれがあると思料します。


この点について


(1)広告内容は事実に基づいたものなのか

(2)御社において、適法と考えておられるか


の2点を、お忙しいところ恐縮ですが明日の20時までにメールでご回答いただけると幸いです。”


*なお、問題のウェブ広告は下記の部分である。


 

人気記事ランキング
 

ページトップへ戻る