Menu
エコーニュース(〜2015年4月)はこちら

オフショアリークスに、複数のアジア系・原子力関係ペーパー法人 取引先は北朝鮮の代理核実験疑惑のパキスタン国企業

2013年に、タックスヘイブン利用企業にかんする法律事務所の内部リーク情報を元に米国のジャーナリスト団体ICIJが公表していたデータの中に、2社の「原子力」に関係する名称の企業が存在していることが分かった。 今年の4月に同じくリークによってパナマを租税回避地として利用している企業群の存在などが明らかになった「パナマ・ペーパーズ」によれば北朝鮮やシリアが制裁を回避するために、タックスヘイブンを利用しているとされる。より具体的には、イギリスの金融事業者がナイジェリアへ設立した企業により北朝鮮が...
オフショアリークスに、複数のアジア系・原子力関係ペーパー法人 取引先は北朝鮮の代理核実験疑惑のパキスタン国企業
 

続きを読む▼

パナマリーク文書・・・「アルマーニ」に「シャネル」、「グッチ」有名ブランドの商号企業あいついで発覚

楽天の経営者、三木谷氏をはじめとする国際企業や富豪によるタックスヘイブン利用について問題提起したパナマリークスの中に、高級ブランドの、アルマーニとシャネルの商号を冠したパナマ法人が含まれていることが分かった。 まず、アルマーニで登録されているのは「ARMANI INC.」社。同社の社名とPANAMAを検索エンジンでキーワード入力しても、現地法人は見当たらない(フィリピン法人のARMANI INC.ならばヒットする)。そして同社の代表者名はEL PRESIDENTE(英訳すると The Pr...
パナマリーク文書・・・「アルマーニ」に「シャネル」、「グッチ」有名ブランドの商号企業あいついで発覚
 

続きを読む▼

パナマ文書で「ポルシェ」と「フェラーリ」のパナマ法人が判明 社長は使い回しの「ペーパー社長」

何者かが、パナマのペーパーカンパニー設立請負法律事務所「モサックフォンセカ」の顧客リストなどを、ヨーロッパ紙の南ドイツ新聞へリークしてそれが各国のジャーナリストに広がったことを契機に世界規模の大企業による、タックスヘイブンを利用した節税ないしマネーロンダリングが問題となっているパナマ文書から、「フェラーリ」と「ポルシェ」を冠した企業が掲載されていることが分かった。 確認されたのは「FERRARI CENTER INC.」および「PORSCHE 911 S.A.」。両社とも、世界企業であ...
パナマ文書で「ポルシェ」と「フェラーリ」のパナマ法人が判明 社長は使い回しの「ペーパー社長」
 

続きを読む▼

【パナマ文書】「ヒュンダイ」が、パナマの法律事務所・モサックフォンセカ顧客リストに記載。現時点で韓国「現代」グループとの関係は不明

タックスヘイブンとして知られるパナマ国の法律事務所「モサックフォンセカ」の顧客リスト・データベースの中に韓国現代グループのアルファベット読みである「HYUNDAI」と付いた企業があることが本紙の調べで分かった。発見されたのは「HYUNDAI DEL ECUADORZONA FRANCA INC.」という企業。 ただし、このHYUNDAIの事業実態があるかどうかについては、ある程度の慎重な考慮を要する。すなわち、事業実態が「ある」ことを推認させる要素としては、役員が複数企業のかけもち(ペ...
【パナマ文書】「ヒュンダイ」が、パナマの法律事務所・モサックフォンセカ顧客リストに記載。現時点で韓国「現代」グループとの関係は不明
 

続きを読む▼

【パナマ文書疑惑】日経新聞社「本社とNIKKEI,S.A.とは関係ありません」・・・NHK方式の「質問に答えない」はぐらかし回答を追随

各国の要人および大企業がパナマの法律事務所「モサック・フォンセカ」を利用してペーパーカンパニーを設立していた疑惑にまつわり、日経新聞も「NIKKEI,S.A」(直訳すると「日経株式会社」)を作っていたのではないかという本紙からの質問に対して、昨日、日経新聞から回答が得られた。 この質問は4月14日付けで、4月15日までに回答をお願いしていたもの。内容は以下の通り3点である。 「英紙タイムズが作成した、パナマ文書掲載企業データベースの中に NIKKEI, S.A. というパナマ法人があ...
【パナマ文書疑惑】日経新聞社「本社とNIKKEI,S.A.とは関係ありません」・・・NHK方式の「質問に答えない」はぐらかし回答を追随
 

続きを読む▼

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る