Menu
エコーニュース(〜2015年4月)はこちら

小池百合子氏 政治資金から「郵送料」で金券ショップ・郵便局へ220万円、ハガキ4万枚以上の大量支出 自著の出版社からも133万の大量購入

昨日、東京都知事選挙へ立候補する意向を示した自由民主党の小池百合子衆議院議員が、自己の政治資金管理団体「フォーラム・ユリカ」から「郵送料」の名目に置いて、郵便局および金券ショップへ220万円の支出をしていたことがわかった。 (平成24年の政治資金収支報告書より。20万円の「郵送料」を払ったアクセスチケットと37万の郵送料を払ったラッキーコレクションのいずれも、金券ショップである。) さらに同団体は小池百合子氏が著書を出版した幻冬舎およびプレジデント社の2社へ計133万円の書籍代を支払...
小池百合子氏 政治資金から「郵送料」で金券ショップ・郵便局へ220万円、ハガキ4万枚以上の大量支出 自著の出版社からも133万の大量購入
 

続きを読む▼

下村博文元文科相:福島第一原発事故は神からの啓示・・・著書で主張

下村博文・元文部科学大臣が著書「世界を照らす日本のこころ」およびの中で、福島原発事故を「神の啓示でもあったとも思います。」などと記載していたことが分かった。なお、この著書には他にも「自分がこの世に産まれてきたのは、何か社会のため、家族のため、国のために役に立つことをすることができると思ったためではないでしょうか」(P147)など、摩訶不思議な記載が大量にある(生まれてくる前に何かを「思った」とは、どういう意味だろうか)。 この問題となりそう記載は133ページにあり、該当箇所全部を引用す...
下村博文元文科相:福島第一原発事故は神からの啓示・・・著書で主張
 

続きを読む▼

日経新聞、パナマリークの企業情報公表前に「NIKKEI HOLDING S.A.」の存在を認識

日経新聞社が、パナマ文書の登録企業全部のデータベースが、2016年5月10日にICIJによって公表される前から、同文書流出元モサックフォンセカ法律事務所の顧客企業として登録されている「NIKKEI HOLDING S.A.」の存在を認識していたことが、同社広報部への取材で分かった。 これは、5月10日にパナマ文書登録企業のデータベース全体(約21万件)がICIJによって発表された中にNIKKEI HOLDING S.A.という社名が存在したため、同社へ問い合わせたところ判明したもの。 ...
日経新聞、パナマリークの企業情報公表前に「NIKKEI HOLDING S.A.」の存在を認識
 

続きを読む▼

熊本の味千ラーメン、店舗展開なしのヨーロッパ・オランダ国にペーパーカンパニー疑惑

中国系の客家(鄧小平元国家主席などを排出している)出身で、熊本県においてラーメン事業「味千ラーメン」を立ち上げた重光ファミリーの企業「味千ラーメン」(本社熊本市)が、店舗が皆無のヨーロッパ支店を、タックスヘイブン(租税回避地)として知られるオランダ国に開設していたことが国際ジャーナリスト団体ICIJの公表していた資料オフショアリークスでわかった。 この点について、味千ラーメンへ4月29日付けで、5月9日の正午を期限として返答をお願いしたが、未だお返事は頂いていない。(*質問内容は、最終ペー...
熊本の味千ラーメン、店舗展開なしのヨーロッパ・オランダ国にペーパーカンパニー疑惑
 

続きを読む▼

オフショアリークスに、複数のアジア系・原子力関係ペーパー法人 取引先は北朝鮮の代理核実験疑惑のパキスタン国企業

2013年に、タックスヘイブン利用企業にかんする法律事務所の内部リーク情報を元に米国のジャーナリスト団体ICIJが公表していたデータの中に、2社の「原子力」に関係する名称の企業が存在していることが分かった。 今年の4月に同じくリークによってパナマを租税回避地として利用している企業群の存在などが明らかになった「パナマ・ペーパーズ」によれば北朝鮮やシリアが制裁を回避するために、タックスヘイブンを利用しているとされる。より具体的には、イギリスの金融事業者がナイジェリアへ設立した企業により北朝鮮が...
オフショアリークスに、複数のアジア系・原子力関係ペーパー法人 取引先は北朝鮮の代理核実験疑惑のパキスタン国企業
 

続きを読む▼

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る