Menu
エコーニュース(〜2015年4月)はこちら

下村博文元文科相:福島第一原発事故は神からの啓示・・・著書で主張

2016年5月13日17時03分

下村博文元文科相:福島第一原発事故は神からの啓示・・・著書で主張



下村博文・元文部科学大臣が著書「世界を照らす日本のこころ」およびの中で、福島原発事故を「神の啓示でもあったとも思います。」などと記載していたことが分かった。なお、この著書には他にも「自分がこの世に産まれてきたのは、何か社会のため、家族のため、国のために役に立つことをすることができると思ったためではないでしょうか」(P147)など、摩訶不思議な記載が大量にある(生まれてくる前に何かを「思った」とは、どういう意味だろうか)。


この問題となりそう記載は133ページにあり、該当箇所全部を引用すると「しかし、一方で、福島第一原発の事故は、この日本において原子力発電に代わる再生エネルギー、自然エネルギー、新エネルギーを急いで開発せよという、神の啓示でもあったと思います。」とある。


下村元大臣は、この著書の英訳版(THE CULTURE OF JAPAN AS A NEW GLOBAL VALUE)の出版を記念して、昨日には外国特派員協会で記者会見を開催。

この中の質疑応答で筆者が、①原発事故と神は関係ないのではないか②この文を読んで気分を害する人間もいるのではないか、と表現の妥当性について疑問を投げかけたところ、主語はあくまで新エネルギーを急いで開発せよ等という部分であるので、そのような読み方は「誤読」と反論した(ほとんど放送事故のレベルだとおもうやり取りだが、外国特派員協会の会見動画が上がり次第、この箇所は追加する)。


ところが、英語版を見ても「On the other hand, however, the Fukushima Daiichi nuclear disaster could be taken as a divine message to the Japanese people to develop new sources of energy with utmost urgency: renewable energy, natural energy, and “new” energy.」となっており、やはり主語は「福島第一原発の事故」(the Fukushima Daiichi nuclear disaster)であり、それが神のメッセージと表現されている。

(英語版P122における、件の箇所。原文の直訳なら god’s revelationなど、更に強くて神秘主義的な表現になるがそれだと問題がありすぎるので翻訳者が気を使ってセーブしたのだろうか。なお5月13日の記者会見では、やはり、啓示という表現をrevelationというふうに同時通訳者は訳していたし、すなおな訳ならばそうならざるを得ない。 )


  • 前のページへ
  • 12

     

    人気記事ランキング
     

    ページトップへ戻る